初回来店時、またはWEB入会により30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいた場合はご入会日の翌日から31日目以降の月額会費の請求はございません。
ご退会、0円会員申請を行う場合、身分証を持参して店舗にご来店のうえ、別途当社が指定する退会手続きを行うものとします。
月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/2~31までが無料期間となり、3/31までにご退会、0円会員申請を行っていただいた場合は月額会費の請求はございません。4/1より月額料金が発生いたします。
料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員のお手続きが完了となります。

※無料期間のみのご利用でもマシン配送時の
往復送料はお客様負担となります。

レンタル30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。ご入会時は発送時の送料のご請求させていただきます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会をご希望の場合は、期日までにマシンの返却を行っていただきます。WEBマイページより解約申請後、 無料期間終了後から5日以内(ご入会日の翌日から35日目まで)にマシンのご到着の確認が取れた場合は返却時の送料のご請求させていただき、月額会費の請求はございません。ご退会に関しては、お客様がマシンをご返却いただいたお日にちではなく、弊社にマシンが到着したお日にちを基準にご退会日が確定となります。ご退会ご希望の場合、WEBマイページより申請が可能となっております。

月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/1に発送時の送料のお支払いいただきます。3/2~31までが無料期間となります。 4/5までにマシンを返却し、弊社にて確認が取れた場合は月額会費の請求はございませんが、返却時の送料のお支払いいただきます。 4/5中にマシンの返却確認が取れなかった場合は、4/1以降の月額料金が発生いたします。

料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員のお手続きが完了となります。

送料は片道5,500円(税込)となります。(CELL ZERO.とCELL ZERO.PROは片道11,000円(税込)となります。)無料期間のみのご利用でもマシン配送時の往復送料はお客様負担となります。

リバウンドしないコツは?おすすめダイエット方法と原因を解説

2021-10-22

この記事をシェアする

「せっかくダイエットしたのにリバウンドした…」

「リバウンドしないダイエット法が知りたい!」

ダイエットを邪魔する大きな壁の一つがリバウンドです。

せっかく痩せたのに、ダイエットを辞めた途端、元の体重に戻ったり、我慢していた欲求が暴走して食べ過ぎが続き、元の体重よりも増えてしまったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

リバウンドは誰にでも起きるダイエット中のトラブルの一つで、繰り返すと痩せにくい体質になってしまうため注意が必要です。

そこで今回はリバウンドしてしまう主な原因と対策法、リバウンドしにくいおすすめのダイエット法をご紹介します。

リバウンドとは

リバウンドとは.jpg

「そもそもリバウンドって何?」という方のために、まずはリバウンドの基礎知識から学んでいきましょう。

ダイエット後に体重が増加してしまうこと

ダイエットではよく耳する「リバウンド」ですが、簡単に説明するとダイエット後に元の体重に戻ったり、元の体重以上に太ったりしてしまう現象のことを言います。

ダイエット経験者の約6割は、リバウンドしているとも言われており、多くの方がリバウンドに悩まされてるようです。

そんなダイエットの大敵、リバウンドはどのような仕組みで起こるのでしょうか?

リバウンドはなぜ起きるの?

リバウンドはなぜ起きるの?.jpg

リバウンドのメカニズムを見ていきましょう。

身体の防御反応が働いたために起きる!

リバウンドは、身体の防御反応やホルモンの影響によって起こります。

私たち人間の体は、体重が減少すると、脳が生命の危機にさらされていると判断して、体重を元の状態に戻そうと働きかけます。

また、リポスターシス(脂肪定常説)と呼ばれる体重を一定に保とうとする仕組みも備わっており、体重が増えたり減ったりすることで「レプチン」というホルモンの分泌が調整され、元の体重に戻るように指示するのです。

これらの働きによって、リバウンドが起こります。


■停滞期のとの違いは?

ちなみに、リバウンドと似たようなメカニズムで起こる体の反応が停滞期です。停滞期は順調に減っていた体重が突然減らなくなる現象で、これも身体の防御反応の一つです。

ダイエット中に急激に体重が減少することで、飢餓状態になってしまうため、身体を守ろうとしてホメオスタシスと呼ばれる、身体を一定の状態に保とうとする機能が働きます。

この反応はダイエットを始めて1ヵ月前後、または体重が5%ほど減ったタイミングで現れやすいとされており、停滞期をきっかけにダイエットに失敗し、リバウンドしてしまう方も少なくありません。

思うように体重が減らないイライラや、今まで我慢していた食への欲求も爆発しやすい時期なので、暴飲暴食や過食をしないように気を付けましょう。

リバウンドする原因

リバウンドする原因.jpg

このように、リバウンドする大きな原因は身体の防御反応によるものですが、ダイエット法や普段の生活習慣が原因となってリバウンドしている場合もあります。

続いて、リバウンドを招く5つの原因を見ていきましょう。

過度な食事制限

過度な食事制限はリバウンドを招く大きな原因の一つです。

中でも、

・〇〇だけダイエット

・1日1食だけダイエット

・基礎代謝量以下のカロリー制限

などは、リバウンドしやすいため注意が必要です。


特に食事制限のみで痩せようとすると、体に必要な栄養素も不足してしまい、筋肉量も落ちるため、一時的に痩せても、元の食生活に戻すとあっという間に体重が増えます。

また、過度な食事制限によって飢餓状態が続くと、前述したホメオスタシスと呼ばれる機能が働き、少ない食事から脂肪や栄養をしっかり吸収しようと働きかけます。

そのため、少量しか食べていなくても太りやすくなってしまうのです。

1ヶ月に体重の5%以上の減量を行うとリバウンドしやすいと言われているため、50kgの方なら2.5kg、60kgの方なら3kgまでを目安としましょう。

睡眠不足

睡眠不足もリバウンドに繋がりやすいため要注意です。

睡眠の質が低下すると、レプチンと呼ばれる満腹中枢を刺激して食欲を抑えるホルモンの分泌が減ってしまうため、食べ過ぎに繋がってしまいます。

また、睡眠不足によるストレスがコルチゾールと呼ばれるホルモンを増やます。

コルチゾールには、ストレスに対抗するために脂肪を蓄えようとする働きがあるため、リバウンドしやすくなるのです。

運動不足

ダイエットを辞めた途端、それまで行っていた運動をしなくなったという方は多いのではないでしょうか。

当然、ダイエットと同時に運動を辞めれば、その分の消費カロリーが少なくなってしまうためリバウンドします。

そのため、ダイエット後も適度な運動を続けることが大切です。そのためにも、ダイエット中はハードなトレーニングは避けるようにしましょう。

体に負担がかかり過ぎる運動やトレーニングは長く続きません。減量後も無理なく続けられる運動を行うようにしましょう。

ストレス

前述したように、ストレスを感じるとコルチゾールと呼ばれるホルモンが分泌されます。

コルチゾールには、ストレスに対抗するために脂肪を蓄えようとする働きがあるため、リバウンドを招きやすくなります。

特に過度な食事制限や、ハードなトレーニングを毎日続けているなど、キャパ以上のダイエットを行っている方は注意が必要です。

自分が思っている以上に、身体や精神にストレスを与えている可能性があるため、ダイエットのやり方を見直しましょう。

停滞期

停滞期もリバウンドしやすい危険なタイミングの一つです。停滞期に入ると、食事制限や運動をどれだけ頑張っても、体重がうんともすんとも言わなくなります。

頑張っているのに結果が思うように現れないと、自暴自棄になって暴飲暴食してしまったり、ダイエットに失敗したと思って諦めたりしてしまう方も多いです。

しかし、停滞期はあくまでも一時的な体の反応なので、諦めずにダイエットを続けていれば必ず落ち着きます。

停滞期に入ったら、チートデイを設けるなどの対策で上手に乗り切りましょう。

リバウンドに効果的なコツ

リバウンドに効果的なコツ.jpg

続いて、リバウンド対策に効果的なコツをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

停滞期に入っても継続する

リバウンドへと繋がりやすい停滞期は、突入しても焦らず今までと同じダイエットを継続しましょう。

急に体重が減らなくなると、焦ったり不安になったりして、食事制限や運動を増やしてしまいがちですが、これらの行動はNGです。

ますます飢餓状態になってしまい、停滞期が長引くだけなので、「体の自然な反応」と捉えて大きく身構えておくと良いです。

また、1日だけ好きなものをなんでも食べていいチートデイを設けるのもおすすめです。チートデイを設けることで、飢餓状態もリセットされ、ストレス解消もできます。

対策を上手に講じながら、焦らず停滞期を乗り切りましょう!

食事はバランスよく摂取する

リバウンドを防ぐためにも、食事はバランスに気を付けましょう。ダイエット中は避けがちな炭水化物も、多少は必要です。

炭水化物を減らすのではなく、炭水化物の質を変えましょう。白米よりも雑穀米や玄米、パンならライ麦にするなど、「太りづらい炭水化物」を選ぶのがおすすめです。

また、代謝の低下を防ぐために、筋肉の源となるタンパク質は忘れず摂取しましょう。

他にもビタミンやミネラル、鉄分など体に必要な栄養素をバランス良く組み合わた食生活を意識することでリバウンドしにくくなります。

適度な運動を日常に取り入れる

適度な運動は日常的に取り入れるのがおすすめです。

特にダイエット中は早く痩せたいために、ハードなトレーニングをこなしがちですが、あまりに過度な運動は長くは続きません。

また運動を辞めた途端にリバウンドする可能性があるため、ゆっくりでも長く続けられるトレーニングメニューを考えましょう。

日頃から適度な運動を続けることで、基礎代謝もアップするためリバウンドしづらい体づくりができます。

有酸素運動ならウォーキングや水泳など、筋トレなら体の中でも大きな筋肉である太ももや背中を鍛えるのが最適です。

ゆっくりなダイエットをする

何度もお話していますが、過度なダイエットや急激な体重減少は、体の防御反応によってリバウンドを引き起こしやすくなります。

そのためスローペースのダイエットを意識しましょう。月の減量ペースの目安は、体重の5%以内が理想です。

リバウンドは繰り返すとどんどん痩せにくい体になるため、焦らず長い目で見てダイエットすることが大切です。

リバウンドしにくいおすすめダイエット方法

リバウンドしにくいおすすめダイエット方法.jpg

続いて、リバウンドしにくいおすすめのダイエット法をご紹介します。

空腹時と満腹時の差を激しくしない

空腹時と満腹時の差が激しいと太りやすくなると言われています。

極端に言えば、断食と過食を繰り返すような食べ方です。このような食べ方は、最もリバウンドを招きやすいため絶対に辞めましょう。

次の食事までに、程よくお腹が空く程度の量が最適です。また、食事の量を減らし、回数を増やすという方法もおすすめです。

食事を分割することで、空腹の状態が少なくなるため血糖値の急上昇を抑えることができ、脂肪の蓄積を防げます。

ただし、食べる量をそのままに回数だけ増やしていてはかえって太るため、1日の摂取カロリーを守った上で、1日5~6食に増やしてみましょう。

食べた後の±0計画を考えて実践する

リバウンドを防ぐためには、基本的に±0の思考で計画を考えてダイエットすることが大切です。

例えば、どうしても我慢できなくて食べ過ぎてしまったり、仕事上の付き合いで食べなければいけなかったりといった場合に、オーバーしてしまった分のカロリーを2~3日かけて±0にするイメージです。

食べる順番を考える、前日や翌日の食事を抑える、普段より多めに運動してカロリーを消費するなど、±0思考の行動を心がけましょう。

筋トレをダイエットメニューに取り入れる

筋トレはダイエットメニューに必ず取り入れましょう。普段から筋トレを行うことで、筋肉を鍛え基礎代謝を高めることができます。

有酸素運動も大切ですが、それだけでは基礎代謝を上げるのが難しいため、筋トレと組み合わせるのが理想的です。

基礎代謝がアップすれば、普段の消費カロリー量も増えるため、痩せやすい体質へと導いてくれます。

キャビテーションの施術を受ける

キャビテーションの施術を受けるのも、リバウンドを防ぐには最適です。

キャビテーションは痩身エステに使われるマシンの一つで、「切らない脂肪吸引」とも呼ばれ人気を集めているダイエット機器です。

キャビテーションを使うことで、脂肪細胞そのものを減らすことができるためリバウンドしづらい体が手に入ります。

サロンで受けるのも良いですが、最近では月々数千円~と定額でキャビテーションなどのエステマシンが利用できる、セルフエステ型のサロンも登場しています。


業務用マシンが安い値段で使い放題な「じぶんdeエステ」

中でも、キャビテーションやラジオ波などの有名エステマシンが月3,980円で使いたい放題の「じぶんdeエステ」がイチ押しです。

じぶんdeエステでは、マシンを使って自分でケアを行うため、気になる部位や絞りたい部位を集中的にケアできます。

マシンのレンタルや購入も可能なので、自宅で本格的なエステを行いたいという方にも最適です。

サロン内には、ジムスペースも併設されているため、トレーニングとエステのダブルアプローチも可能です。

無料で初回体験も受けられるので、エステマシンに興味がある方はぜひ利用してみてください。

リバウンドしやすいダイエット方法とは

リバウンドしやすいダイエット方法とは.jpg

最後に、リバウンドしやすいダイエット方法をご紹介するので、現在ダイエット中で当てはまる方はすぐに見直しましょう。

糖質制限ダイエット

糖質制限はダイエットに効果的とされていますが、不足し過ぎるとリバウンドすると言われています。

糖質は生きるのに必須のエネルギー源なので、不足すると筋肉を糖に変え、エネルギーとして使います。

すると基礎代謝が落ちて脂肪を蓄えやすくなるため、リバウンドへと繋がってしまうのです。

特定の食品ダイエット

特定の食品だけしか食べない、いわゆる”〇〇だけダイエット”もリバウンドしやすいダイエット法の一つです。

特定の食べ物しか食べないダイエットでは、体に必要な栄養素が確実に不足します。

一時的には痩せるかもしれませんが、栄養バランスが崩れ、基礎代謝も落ちるため結果として太りやすい身体を作っているようなものです。

また、栄養バランスが悪くなり肌荒れなどの美容面でのトラブルも発生しやすくなるため、避けましょう。

ファスティングダイエット

ファスティングもすぐに体重を落とせるため、定期的に取り入れる方が多いようですがリバウンドしやすいダイエット法の一つです。

特にファスティングで減るのは主に水分と筋肉です。ほぼ脂肪は落ちていません。

さらにファスティングによって極端な栄養不足になるため、省エネモードになり代謝も落ちてしまいます。

余計に太りやすい体になりリバウンドはほぼ確実なので、ファスティングダイエットも辞めましょう。

短期ダイエット

前述したように、短期間での急激な減量は身体の防御反応を起こし、リバウンドを招きやすくなります。

ダイエットは基本的に無理なく続けることが大切なので、短期間で無理やり体重を落とすような無茶なダイエットは辞めましょう。

まとめ

今回は、リバウンドの原因と対策、リバウンドしにくいおすすめのダイエット法をご紹介しました。

リバウンドは身体の正常な反応で起こる現象の一つなので、誰にでも起こりうることです。

また、ダイエットのやり方や普段の生活習慣が原因となって起こる場合も多いため、正しいやり方で無理なく続けていくことがリバウンドを防ぐ上で大切です。

ぜひご紹介したおすすめのダイエット法を参考に、リバウンド知らずの美ボディを手に入れましょう!


じぶんdeエステは、業務用マシンを使用し”自分でケア”をする定額制セルフエステジムです。

高級マシンは、セルライトケア、冷えや、むくみ、長く蓄積した脂肪など、あなたの悩みを改善することができます。

セルライトをケアする超音波、筋肉に運動効果を与えるEMS、肌表面と内部を温めて代謝を高めるRFなど様々な機能を搭載しており、自分の気になる部位に当てることで理想の身体へと近づくことができます。

サロンは全店舗が駅近・駅直結で通いやすく、プロが採用している業務用マシンを定額で何度でも利用することができます。さらに、高額な業務用マシンを安価な価格帯でレンタル・購入することもでき、ご自宅でいつでも利用することができます。


【じぶんdeエステ 3つのポイント!】

・全国全店舗を定額で通い放題!予約不要!

・マシンレンタルでご自宅でセルフエステができる!

・高級エステマシンの購入で安価に好きなだけご自宅利用できる!


ぜひ下記より「①通える」「②借りられる」「③買える」をチェックしてみましょう。




じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    7,980 円/月〜

    (税込8,778~)

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    19,800 円/月〜

    (税込21,780円~)

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,900 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。

この記事をシェアする

新着記事

関連記事

おすすめ記事

お客様の声

じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    7,980 円/月〜

    (税込8,778~)

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    19,800 円/月〜

    (税込21,780円~)

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,900 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。