初回来店時、またはWEB入会により30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいた場合はご入会日の翌日から31日目以降の月額会費の請求はございません。
ご退会、0円会員申請を行う場合、身分証を持参して店舗にご来店のうえ、別途当社が指定する退会手続きを行うものとします。
月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/2~31までが無料期間となり、3/31までにご退会、0円会員申請を行っていただいた場合は月額会費の請求はございません。4/1より月額料金が発生いたします。
料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員のお手続きが完了となります。

※無料期間のみのご利用でもマシン配送時の
往復送料はお客様負担となります。

レンタル30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。ご入会時は発送時の送料のご請求させていただきます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会をご希望の場合は、期日までにマシンの返却を行っていただきます。WEBマイページより解約申請後、 無料期間終了後から5日以内(ご入会日の翌日から35日目まで)にマシンのご到着の確認が取れた場合は返却時の送料のご請求させていただき、月額会費の請求はございません。ご退会に関しては、お客様がマシンをご返却いただいたお日にちではなく、弊社にマシンが到着したお日にちを基準にご退会日が確定となります。ご退会ご希望の場合、WEBマイページより申請が可能となっております。

月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/1に発送時の送料のお支払いいただきます。3/2~31までが無料期間となります。 4/5までにマシンを返却し、弊社にて確認が取れた場合は月額会費の請求はございませんが、返却時の送料のお支払いいただきます。 4/5中にマシンの返却確認が取れなかった場合は、4/1以降の月額料金が発生いたします。

料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員のお手続きが完了となります。

送料は片道5,500円(税込)となります。(CELL ZERO.とCELL ZERO.PROは片道11,000円(税込)となります。)無料期間のみのご利用でもマシン配送時の往復送料はお客様負担となります。

【基礎】自宅でできるセルフケアとは?美容への考え方・意識することを紹介

2021-11-08

この記事をシェアする

ここ最近、女性の間で人気を集めているのが、自宅で美容ケアを行う「おうち美容」です。おうち時間が増えたこともあり、余った時間を美容に費やす女性が増えてきました。

おうち時間が増えた今、時間がたっぷりある分、普段、日常的に行っているスキンケアやボディケアに加え、ヘアケアからネイルケアまで、全身くまなく磨くことができます。

また、おうち美容でできるケアは、お金がかからないものも多いため、誰でも手軽に実践できる点が魅力です。

そこで今回は、自宅でできる「おうち美容」の方法と、セルフケアの基礎知識、おすすめのエステサロンまで徹底的にご紹介します!

自宅でできる「おうち美容」とは

自宅でできる「おうち美容」とは.jpg

最近、よく耳にする「おうち美容」とは、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって増えた在宅時間を活用して、自宅で美容ケアを行う方法のことを言います。

特にリモートワークなどで出勤がないなど、人と会う機会も減ったため、美意識が低下し、ケアを怠りがちになっている女性も多いでしょう。

そこで、ステイホーム中の余った時間を活用してできるケアが「おうち美容」です。

自宅でできる美容方法・ケアの仕方・習慣のこと

このように、自宅で行う美容方法や、ケアの仕方、美意識を高めるための習慣を、総称して「おうち美容」と呼ぶのです。

自宅で過ごす時間が長くなった分、読書や映画鑑賞など、趣味に時間を費やすのも良いですが、自分磨きをするなら今がチャンスです。

おうち時間を存分に活用して、普段手を抜きがちな部分のケアも念入りに行いましょう。

ボディケアやフェイスケアだけでなく、髪や爪、メンタル面のケアまで、メンテナンスが必要な部分はたくさんあります。

また、「おうち美容」と共に、よく飛び交うようになったのが「おこもり美容」という言葉です。

おうち美容とおこもり美容、それぞれの違いはあるのでしょうか?


おこもり美容も意味は同じ!

結論として、おうち美容とおこもり美容は、意味はほとんど同じです。

呼び名が異なるだけで、おうち時間を活用して美容ケアを行う点は一緒なので、どちらの言葉もよく使われます。

では、おうち美容では具体的に何を行えばいいのでしょうか?

ここでは、おうち美容初心者さんのためにも、まずは、おうち美容で意識する基本的な行動や考え方についてご紹介します。

おうち美容で意識すること

おうち美容で意識すること.jpg

始めに、おうち美容で心がけたい意識編からです。ケアグッズや化粧水、美容液などを揃えることも大切ですが、まずは美意識を高めることから始めましょう。


おうち美容で意識したいポイントは主に以下の4点です。

・鏡を意識する

・自炊を基本に

・朝晩の体重管理を徹底する

・自宅でできるトレーニングを行う

以下でさらに詳しく見ていきましょう。

鏡を意識した生活を送る

美意識を高めるためには、鏡を意識した生活を送ることが大切です。

スポーツジムなどに通ったことのある方は、ご存じかと思いますが、ジムには大きな鏡があることがほとんどです。

トレーニングルームや、スタジオ、ヨガルームなどあちこちに鏡が設置してあり、常に自分の体を参照しながらトレーニングができるようになっています。

これは、正しいフォームでトレーニングを行えているかを確認する目的もありますが、自分の体型を客観的に見て、どこを引き締めるべきか、あとどのくらい痩せるべきかを把握するためでもあります。

自分の現実の姿を直視することができるため、改善すべき点にも気づきやすく、鏡を意識することで気の緩みなども引き締めてくれるでしょう。

おうち美容では、まず鏡を見る癖を付けることから始めてください。

自炊を心がける

おうち美容では、基本的に自炊を心がけるようにしましょう。ダイエットでは、基本的に自炊が推奨されています。

というのも、外食やコンビニ食、スーパーなどで販売されているお惣菜やお弁当は、カロリーが高いものが多く、脂質や糖質などもたっぷりと含まれています。

味が濃いものも多いため、気づかぬうちに塩分過多になってしまい、むくみなども起こりやすくなります。

カロリーや栄養バランスの調整もしづらいため、美容を意識するなら、出来る限り自炊を行うようにしましょう。

自炊にすれば、調味料に含まれるカロリーや塩分も減らせますし、栄養バランスにも配慮した食事が作れます。

朝晩の体重管理をする

また、ショックを受けるから体重計に乗りたくないという方も多いですが、おうち美容を取り入れるなら、体重計には必ず乗るようにしてください。

それも、朝晩の体重管理を徹底して行うことが大切です。数字は嘘を付かないので、今現在の自身の体型を数値化して、きちんと把握しておくことで、食事や運動量もコントロールしやすくなります。

できれば、体重だけでなく体脂肪率なども測定しておくと良いでしょう。現在の体重と体脂肪が把握出来たら、目標体重を設定して朝・晩の体重測定を習慣化しましょう。

自宅でできるトレーニングを取り入れる

自宅で手軽にできるトレーニングも取り入れるのがおすすめです。おうち美容では、自宅で行う美容法がほとんどなので、ジムにしかないマシンを使ったトレーニングなどを学んでも実践できません。

お金に余裕があれば、ルームランナーなどの器具を購入するのも良いですが、お金をかけなくても、筋トレやストレッチであれば特別な機器がなくても簡単に行えます。

また、有酸素運動であれば踏み台昇降などもおすすめです。他にも、その場で足踏みを行うウォーキングや、空中自転車こぎなど、自宅でできる”ながら運動”を取り入れてみましょう。

おうち美容の基本的な考え方

おうち美容の基本的な考え方.jpg

続いて、おうち美容における基本的な考え方について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

スキンケアをしっかりと行う

美容の基本中の基本はスキンケアをしっかりと行うことです。

クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、美容液といった基礎化粧品は必ず揃えておきましょう。

中でも、クレンジングや洗顔で汚れをきちんと落とすことが最も重要です。どんなに良い化粧品を使っても、汚れや角質で覆われた肌には浸透していきません。

スキンケアの中でも洗顔には最も力を入れましょう。洗顔で大切なポイントは以下の通りです。


■洗顔のポイント

・肌に合った新い心地の優しい洗顔料を使う

・手やネットでしっかり泡立ててから肌を傷つけないように優しく洗う

・ぬるま湯で丁寧にすすぐ

・洗顔後の保湿をきちんと行う

洗顔後は肌の保湿を忘れずに行いましょう。

血流を整えるため血行促進を意識する

また、美容やダイエットに欠かせないのが血行促進です。血流が悪いと、全身の巡りが悪くなるため、老廃物が溜まり、むくみや肌荒れといった様々な悪影響をもたらします。

そのため、血流を整えることを意識しましょう。血行促進には以下のような方法がおすすめです。


■血行を良くする方法

・フェイスマッサージやボディマッサージを行う

・リンパマッサージを行う

・全身を使う有酸素運動を取り入れる

・お風呂でしっかりと温まる

・水分補給をしっかり行う


血流が改善されれば、全身に栄養や酸素が行き届きやすくなり、細胞が元気になるだけでなく基礎代謝も上がるので、ダイエット効果をより高めてくれます。

また、食事のバランスや睡眠の質を良くすることも意識していきましょう。

肌を休める「すっぴんの日」を作る

時には肌を休める「すっぴん日」を作ることも大切です。特におうち美容では、外出しない日も増えてくるでしょうから、外に出ない日はメイクをお休みしてみるのもありです。

普段、フルメイクで活動している方は、メイクによって肌に負担をかけています。そのためめ、すっぴんの日を作ることで、肌を休ませ、肌本来の機能を高めることができるのです。

すっぴんであればクレンジングの必要もないので、肌への負担をさらに減らせます。また、ノーメイクの日は、普段より丁寧にスキンケアを行いましょう。

マッサージクリームを使ってマッサージしたり、フェイスパックを使ったり、日頃できないスペシャルケアを取り入れてみるのもおすすめです。

インナービューティーを心がける

おうち美容では、インナービューティを心がけましょう。インナービューティというのは、体内から行う美容法のことです。

肌表面のケアはもちろんのこと、食事やサプリによって美肌へと導くものです。


■インナービューティで摂取したい栄養素

・プラセンタ

・コラーゲン

・セラミド

・ヒアルロン酸

・ビタミンC


エイジングケア効果の高い、プラセンタや、肌にハリや潤いを与えてくれるヒアルロン酸、肌の保湿効果を高めてくれるセラミドなど、肌に良い影響をもたらしてくれる栄養素をたっぷりと摂取しましょう。

食事だけで補うのが難しい場合は、サプリメントを活用するのもおすすめです。

肌トラブルが起きたら皮膚科へ相談する

また、肌トラブルが起きた場合は必ず皮膚科を受診しましょう。そのまま放置したり、自己流でケアしたりすると、悪化する恐れもあります。

すぐに皮膚科に行くことで、治りも早くなるため、肌荒れや湿疹、ニキビといった肌トラブルが起きた場合はただちに皮膚科に行くことをおすすめします。

おうち美容でできるセルフケアの種類

おうち美容でできるセルフケアの種類.jpg

続いて、おうち美容でできるセルフケアの種類をご紹介します。

フェイスケア

おうち美容の中でも基本となるのが、フェイスケアです。

化粧水や美容液を使ったケアから、フェイスマッサージ、美顔器を使ったケアまで、様々なフェイスケア法があります。

おうち美容では、フェイスケアに充てる時間も長く取れるので、瞼やまつ毛のケア、角質パックや、リップパックなど、細かい部分のケアも取り入れてみましょう。

ボディケア

フェイスケアの次に欠かせないのがボディケアです。ボディケアでは、ムダ毛の処理からマッサージ、エステマシンなどを使った部分痩せなども行えます。

また、筋トレやストレッチといったダイエット法も取り入れていきましょう。ネイルケアや、かかとの角質ケアなど、日頃怠りがちな場所もケアも重点的に行うと良いです。

バスケア

おうち美容では、時間も長く使えるので、ゆっくりとお風呂に使って様々なケアを行ってみてはいかがでしょうか?

普段シャワーで済ませがちという方は、湯船にゆっくり浸かるだけでもケアになります。お風呂では、半身浴や全身浴、サウナなどを行うのもおすすめです。

また、心身ともにケアするためにも、アロマなどを焚いてリラックスタイムを設けるのも良いでしょう。睡眠の質も向上するためおうち美容に最適です。

お風呂で使える美容グッズなどを揃えていくのも楽しいでしょう。

ヘアケア

おうち美容では、ヘアケアにも力を入れましょう。頭皮マッサージを行ってみたり、ヘアオイルを使ってみたり、髪と地肌を健やかに保つことが美しさに繋がります。

ヘアブラシを使って頭皮をタッピングするだけでも血行が促進されるのでおすすめです。

他にもヘッドマッサージャーを購入してみたり、ちょっと高価なシャンプーやリンスに変えてみたり、ヘアケアも意識してみてください。

美容に関する基礎用語

美容に関する基礎用語.jpg

続いて、美容に関する基礎用語をご紹介します。おうち美容をマスターする上で欠かせないものばかりなので、学んでおきましょう。

角質層

肌ケアでよく目にする「角質層」ですが、意外と知っているようで知らない人も多いのではないでしょうか。

そもそも私たちの皮膚は、何層にも分かれて構成されています。その中でも一番外側の表皮に存在するのが角質層です。

角質層の細胞は、ウロコのように並んでおり、外的刺激を遮断する役割を持っています。

そして、肌の角質層は新陳代謝に乗って、自然に剥がれ落ちる仕組みとなっています。この角質層は正常であれば15~20%の水分を含んでいるため、肌が乾燥していると感じた時は角質層が乱れている状態だと判断できます。

バリア機能

外的刺激から肌を守る機能のことをバリア機能と言います。

主に、皮膚表面部を覆っている油分のことで、油膜を形成して皮膚に潤いを与えるとともに、外部からの刺激物の侵入を防いでくれます。

このバリア機能が低下すると、肌が乾燥したり、ニキビや肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなります。

バリア機能は肌のセラミドの量が減少することで低下しやすくなるため、化粧水や乳液・クリームを使ったお手入れを日頃から行うようにしましょう。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、人間の体内に元々存在する、ゼリー状の物質でムコ多糖類と呼ばれる物質の一つです。

皮膚の真皮内に多く含まれており、他にも筋肉や軟骨など体の様々な部位にあり細胞同士をつなぐ役割を持っています。

また、皮膚の柔軟性や弾力性を保つ働きもあるため、ヒアルロン酸が不足すると、肌のハリが失われ、たるみやシワなどのエイジングサインが出やすくなります。

ヒアルロン酸配合の化粧品を使うほか、サプリメントなどで補うと良いでしょう。

ビタミン

ビタミンは、私たち人間の生存・生育に必要な栄養素の一つです。ビタミンといっても、ビタミンAやC、B1、B2と様々な種類があり、特に肌と深く関わっているのがビタミンB2です。

ビタミンB2は、肌とエネルギー代謝のビタミンと言われており、脂肪の代謝や肌細胞の再生をサポートする働きを担っています。

また、皮膚や粘膜を健やかに保つ働きもあるため、ビタミンB1が不足すると肌トラブルを引き起こしやすくなります。

ビタミン類は、食事からもしっかり摂れる栄養素の一つなので、ビタミンが豊富に含まれた食品を意識して取り入れるようにしましょう。

コラーゲン

コラーゲンは、繊維状のタンパク質で、組織や細胞同士をつなぎ合わせる接着剤のような役割を担っています。

体の形成や機能の正常化に欠かせない成分であり、肌の真皮の約70%を構成しているのもコラーゲンになります。

このコラーゲンは年齢とともに減少し、皮膚のたるみやシワなどのエイジングサインに繋がりやすくなります。

ノンケミカル処方

美容用語の中でよく目にする「ノンケミカル処方」は、日焼け止めなどに使われる用語の一つです。

紫外線吸収剤を使っていないサンプロテクト剤の処方のことを言い、紫外線反射剤と呼ばれる成分を配合して光を反射するタイプの処方です。

特に肌が弱い方や、敏感肌の方は紫外線吸収剤が刺激となって合わないことが多いため、ノンケミカル処方のものがおすすめです。

セラミド

肌の必須成分の一つが「セラミド」です。

肌の角層の中では、何層もの角質細胞が重なっており、その角質細胞どうしの隙間を満たし、細胞や水分をつなぎとめているのがセラミドになります。

また、肌のバリア機能を正常に保っているのもセラミドです。

このセラミドが不足すると、肌のバリア機能が低下して、肌荒れを起こしやすくなったり、乾燥しやすくなったりするので、おうち美容ではセラミドも補ってあげましょう。

ターンオーバー

肌ケアを行う上で知っておきたいのが、ターンオーバーです。

ターンオーバーとは、肌の細胞が一定のサイクルで生まれ変わる周期のことで、肌の一番外側にある表皮で起こっています。

表皮の一番内側にある、基底層で作られた細胞が分裂して新しい細胞を作り、形を変えながら肌の外側の層に向かって押し上げられます。

そして、角層まで到達した細胞が垢となって剥がれ落ちることで、表皮の細胞が生まれ変わるのです。

このターンオーバーは、約4週間で起こるとされており、ターンオーバーが乱れると肌トラブルが起こりやすくなります。

そのため、日々の食事や紫外線対策、スキンケアで肌のターンオーバーを整えることが重要となります。

乳化

水分と油分がしっかり混ざり、白く濁った状態になることを乳化と言います。

美容においては、メイクとクレンジング料を馴染ませることを乳化と言い、クレンジングを乳化させることで、肌に馴染みやすくなり、メイクの新い残しなどを防ぐことができます。

また、肌への摩擦も軽減できるため、メイクを落とす際は乳化を行うのがおすすめです。

インナードライ

皮膚表面は皮脂でベタついているのに、角質の水分量が不足して乾燥している状態をインナードライと言います。

インナードライは、洗浄力の高い洗顔料やクレンジングを使用したり、頻繁にピーリングを行ったりするなどの間違ったケアによって起こりやすいとされています。

インナードライの改善には、正しい洗顔と保湿、紫外線対策が肝心なので、これらを意識して行いましょう。

界面活性剤

美容だけでなく様々な産業の分野で広く活用されているのが、界面活性剤です。

界面活性剤は、水と油分などの本来混ざり合わない物質同士を混ぜ合わせる役割を果たすもので、あらゆる化粧品に含まれています。

ただし、毒性も持ち合わせており、肌への刺激が強いため肌荒れや湿疹などのトラブルを引き起こすこともあります。

特に肌が弱い方や敏感肌の方は、界面活性剤が含まれた化粧品は避けたほうが良いでしょう。

PA

日焼け止めクリームなどに表示されている「PA」は、紫外線防御力のレベルを示す数値です。

紫外線A波によって肌が黒くなる時間をどれくらい遅らせられるかを数値化したもので、「+」で表されています。

数が多くなるほどUVカット効果が高く、最高値はPA++++とされています。

SPF

SPFも、日焼け止めクリームに表示されている数値で、紫外線防御力のレベルを示す数値の一つです。

PAが紫外線A波の値を示すのに対し、SPFは紫外線B波の値を示しています。肌が赤くなる時間をどれだけ遅らせられるかを数値化したもので、SPFの数値が高くなるほど防御力も高くなります。

SPFの最高値はSPF50+とされています。

Tゾーン

額や眉間、鼻、口の周り、下あごなどのエリアをTゾーンと言います。Tゾーンは、肌トラブルが特に起こりやすい部分とされており、フェイスケアの中でも力を入れたい部分です。

良くある悩みはTゾーンのテカリで、体質だけでなく、偏った食生活や脂質・糖質の多い食べ物の食べ過ぎや、睡眠不足によって引き起こさることもあります。

そのため、食習慣や生活習慣を正すことが大切です。

自宅deエステで効果的に痩せよう!

おうち美容をさらにサポートしてくれるのが、自宅で使える業務用エステマシンです。

中でもキャビテーションやラジオ波を始めとした、人気痩身エステマシンが定額制で使いたい放題の「じぶんdeエステ」がイチ押しです。

じぶんdeエステは、セルフエステ型のサロンで、月々数千円と少額でセルフエステにチャレンジできます。

じぶんdeエステの魅力をさらに詳しく見てみましょう!

業務用エステマシンが使い放題の「じぶんdeエステ」

業務用エステマシンが使い放題の「じぶんdeエステ」.png

じぶんdeエステでは、月額3,980円で、人気エステマシンのキャビテーションやラジオ波などが好きなだけ使えるのが魅力です。

自分のペースで通えるため、忙しい方や定期的にサロンに通う時間が取れない方にピッタリです。

また、気になる部位を集中的にケアできるので部分痩せができる点も嬉しいポイントです。

さらに、じぶんdeエステで導入されているマシンは、レンタルしたり購入したりすることもできるため、本格的に自宅でエステを取り入れたいという方にも最適と言えるでしょう。

サロン内には、ジムスペースも用意されているので、トレーニングとエステのダブルアプローチで、ダイエット効果をより高めてくれます。

無料で初回体験も行っているため、ぜひ一度お試し感覚で利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、おうち美容の中でも自宅で手軽にできる美容法と、おうち美容で意識したい考え方、セルフケアを行う上で知っておくべき美容用語などをご紹介しました。

おうち時間を活用することで、様々な美容ケアに力を入れることができます。せっかく余暇が出来た今、美に磨きをかけて頭の先からつま先まで美しい、素敵な女性を目指しましょう!


【じぶんdeエステ 3つのポイント!】

・全国全店舗を定額で通い放題!予約不要!

・マシンレンタルでご自宅でセルフエステができる!

・高級エステマシンの購入で安価に好きなだけご自宅利用できる!


ぜひ下記より「①通える」「②借りられる」「③買える」をチェックしてみましょう。




じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    7,980 円/月〜

    (税込8,778~)

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    19,800 円/月〜

    (税込21,780円~)

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,900 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。

この記事をシェアする

新着記事

関連記事

おすすめ記事

お客様の声

じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    7,980 円/月〜

    (税込8,778~)

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    19,800 円/月〜

    (税込21,780円~)

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,900 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。