初回来店時、またはWEB入会により30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいた場合はご入会日の翌日から31日目以降の月額会費の請求はございません。
ご退会、0円会員申請を行う場合、身分証を持参して店舗にご来店のうえ、別途当社が指定する退会手続きを行うものとします。
月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/2~31までが無料期間となり、3/31までにご退会、0円会員申請を行っていただいた場合は月額会費の請求はございません。4/1より月額料金が発生いたします。
料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員のお手続きが完了となります。

※無料期間のみのご利用でもマシン配送時の
往復送料はお客様負担となります。

レンタル30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。ご入会時は発送時の送料のご請求させていただきます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会をご希望の場合は、期日までにマシンの返却を行っていただきます。WEBマイページより解約申請後、 無料期間終了後から5日以内(ご入会日の翌日から35日目まで)にマシンのご到着の確認が取れた場合は返却時の送料のご請求させていただき、月額会費の請求はございません。ご退会に関しては、お客様がマシンをご返却いただいたお日にちではなく、弊社にマシンが到着したお日にちを基準にご退会日が確定となります。ご退会ご希望の場合、WEBマイページより申請が可能となっております。

月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/1に発送時の送料のお支払いいただきます。3/2~31までが無料期間となります。 4/5までにマシンを返却し、弊社にて確認が取れた場合は月額会費の請求はございませんが、返却時の送料のお支払いいただきます。 4/5中にマシンの返却確認が取れなかった場合は、4/1以降の月額料金が発生いたします。

料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員のお手続きが完了となります。

送料は片道5,500円(税込)となります。(CELL ZERO.とCELL ZERO.PROは片道11,000円(税込)となります。)無料期間のみのご利用でもマシン配送時の往復送料はお客様負担となります。

キャビテーションとは?実際の効果や正しい当て方などを分かりやすく徹底解説

2021-09-24

この記事をシェアする

ダイエットにはさまざまな方法がありますが、効果を感じやすいダイエット方法としてキャビテーションを活用するという手段があります。

キャビテーションを利用すれば、気になる部分の脂肪へピンポイントでアプローチ可能なため、より効率良くダイエットが可能です。

ハンドマッサージよりも効果の実感も早く見込めるため、多くのエステサロンに導入されています。

この記事では、キャビテーションに興味があるという方向けに、効果や副作用だけでなく、正しい使用方法なども詳しく説明しましょう。

キャビテーションとは?

キャビテーションとは?.jpg

キャビテーションは早く確実にダイエット効果が得られるものですが、その基本的な知識はあまり知られていないようです。

まずはキャビテーションについての知識を深めましょう。

超音波によって脂肪分解をサポートする

キャビテーションとは超音波によって脂肪へアプローチができるものです。

脂肪を柔らかくする効果が期待でき、お身体の気になる箇所を集中してケアすることができるためよりスッキリとしたボディラインが目指せます。


家庭用と業務用それぞれメリットが違う!

キャビテーションと言えば、エステサロンでの施術が浮かぶと思いますが、家庭用のキャビテーションも販売されています。

どちらも痩身効果がありますが、それぞれメリット・デメリットが存在するため、自分に最適なものを選ぶようにしてください。

家庭用のキャビテーションと業務用のキャビテーションの違いについてはこちらの記事で紹介しています。

キャビテーションのメリットとデメリット

キャビテーションのメリットとデメリット.jpg

キャビテーションは効果的なダイエット方法ですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。

メリット・デメリットの両方を理解して活用を検討しましょう。

メリット|効果が実感しやすく施術中は痛くない

ダイエットのためにエステで行われるいくつかの施術には、痛みが伴うこともありますが、キャビテーションは痛みを感じることはありません。

施術時間も10分~~20分程度で短いことが多いです。

デメリット|骨伝導音(金属音)がする

キャビテーションのデメリットには、マシンによっては超音波が骨に当たって骨伝導音がする可能性があることです。

害がある音ではありませんが、不快に感じる方もいるでしょう。

キャビテーションがおすすめな人

キャビテーションがおすすめな人.jpg

キャビテーションの利用をおすすめできる人は、下記のような人です。

浮き出るセルライトが気になる人

セルライトは肥大した脂肪細胞と排出されなかった老廃物が一緒に凝り固まったもののことで、そのままにしておくと表皮が脂肪細胞に押されてボコボコとした見た目になってしまいます。

一度できてしまったセルライトは落としにくく、マッサージなどをしてもなかなか改善が難しいでしょう。

キャビテーションを使うことで、凝り固まったセルライトを柔らかく、揉み解す効果が期待できます。

むくみが気になる人

キャビテーションでは、脂肪だけでなく老廃物を体外に排出する効果できるため、むくみ改善も期待できます。

むくみが多い人ほど、キャビテーションの効果が早く感じられると言えるでしょう。

特定の部位の太さが気になる人

多くの女性が望む部分痩せは実現が難しく、なかなか効果が得られません。

キャビテーションは特定の部位に直接アプローチができるため、シェイプアップしたい部分だけを細くできるでしょう。

一番気になる部分を最初にシェイプアップさせたいという方にもおすすめです。

服のサイズを短期間でサイズダウンさせたい人

キャビテーションは短期間で高いダイエット効果が期待できる施術です。

そのため早くサイズダウンしたいと考えている方は、キャビテーションを使うと良いでしょう。

先ほどもお伝えしたように、気になる部分に集中してアプローチできます。

キャビテーションの効果

キャビテーションの効果.jpg

キャビテーションについての基本的な知識をお伝えいたしましたが、キャビテーションの具体的な効果にはどのようなものがあるでしょうか?

セルライトケア

キャビテーションにはセルライトケアできる効果が期待できます。キャビテーションによるセルライトへのアプローチに関してはこちらの記事をご覧ください。

むくみケア

キャビテーションを使用することで、リンパの流れを促進し、冷えやむくみ解消効果が期待できます。

キャビテーションで脂肪へアプローチするには、むくみが解消されることでより効果実感が望めるでしょう。

キャビテーションのおすすめ部位

キャビテーションのおすすめ部位.jpg

ここからは、キャビテーションをするのにおすすめの部位を知っておきましょう。

お腹や背中

キャビテーションは脂肪が多い部位ほど効果が得やすくなります。

お腹は体の中でも脂肪が多くつく部位なので、キャビテーションに適していると言えるでしょう。

また、姿勢が悪い方は思っているよりも多くの脂肪が背中についてしまっています。

キャビテーションはむくみに有効ですが、脚はむくみが現れやすい部位なので、キャビテーションの利用に適しています。

むくみを改善することで、セルライト予防効果も期待できるでしょう。

二の腕

二の腕の脂肪量は多くはありませんが、特に目立つ部位であり、早く脂肪を減らしたいと考えている方が多いようです。

キャビテーションを使えば、いち早く二の腕を細くできるでしょう。

腰やおしり周り

腰・おしり周りは脂肪がつきやすいものの、意識して鍛えることが難しく、運動でのシェイプアップが難しい部位でもあります。

キャビテーションを使えば、効果的に腰・お尻周りの脂肪を減らせます。

顔は対応機種のみで使用しましょう

顔はデリケートな部位であるため、エステサロンで使用されているような出力の強力なキャビテーションを使うことができません。

キャビテーションで顔を施術したい場合には、顔用のキャビテーションを選ぶようにしましょう。

キャビテーションの正しいやり方

キャビテーションの正しいやり方.jpg

これからキャビテーションを活用したいと考えている方向けに、はキャビテーションの効果的な使い方を説明します。

日にち|施術は1習慣に1~2回がベスト

キャビテーションの効果は施術後3〜4日間続くため、毎日施術する必要はありません。

週に1~2回のペースで施術を行うのが最適でしょう。

時間|1部位あたり15~30分が目安

キャビテーションを当てる時間はキャビテーションの出力や施術する部位によって変わりますが、家庭用のものであれば1部位15分〜30分かかります。

施術部位が増えれば、多少の時間が必要になるでしょう。

手順|1~3を当て漏れのないように行う

キャビテーションを自分で施術する場合には、下記のような流れで施術を進めます。


1.施術したい部位に専用クリームを塗る

まず、施術したい部位に専用のクリームを塗ってください。

専用クリームはたっぷり使うようにします。

2.リンパをほぐす

キャビテーションの効果をより感じやすくするために、キャビテーション前に軽くリンパをほぐしておきます。

3.リンパに向かって流すように当てる

キャビテーションによって破壊された脂肪がよりスムーズに流れるように、キャビテーションはリンパの流れに向かって当てていきます。

例えば、脚ならふくらはぎ→太もも→鼠蹊部・ウエスト部分なら胸下→下腹→鼠蹊部のような流れです。

キャビテーションの効率を上げる方法

キャビテーションの効率を上げる方法.jpg

キャビテーションの効果をより高くする方法を説明しましょう。

日ごろから水分をしっかりとる

キャビテーションを受けた後は新陳代謝をより良くするために、水分を多めに取りましょう。

十分な水分が摂取できていれば、アプローチした脂肪のより早い排泄が期待できます。

朝昼晩の無理のない食事制限をする

キャビテーションと併用して、無理のない食事制限をすることで、脂肪燃焼効果が高まります。

特にキャビテーションの後は栄養が吸収されやすい状態になっているため、脂肪燃焼効果があって消化しやすいものを食べてください。

セルフマッサージを行う

先ほども説明したように、キャビテーションの効果は3~4日間続くので、セルフマッサージをすることで、アプローチした脂肪のより早い排泄が期待できます。

運動やストレッチを日常に取り入れる

キャビテーション後は、脂肪をスムーズに消費できる状態になっているため、運動やストレッチを行うと良いでしょう。

具体的には、ジョギングや水泳など多少負荷のある有酸素運動が効果的です。

キャビテーションで痩せない理由

キャビテーションで痩せない理由.jpg

キャビテーションを利用している方の中には、効果を感じにくいと考える方もいるようです。

キャビテーションで期待する効果が得られない理由を説明しましょう。

ホルモンが痩せにくい時期に使用した

女性には、毎月の生理周期によって痩せやすい時期・痩せにくい時期があり、最も女性が痩せやすい時期は月経が終わってから排卵日までの間になります。

ダイエットに不向きな時期である排卵後から月経中は、キャビテーションの効果が感じにくい期間だと言えるでしょう。

出力の低い家庭用キャビテーションを使っている

キャビテーションは、業務用と家庭用で使用可能な超音波の周波数に大きな違いがあります。

周波数は低いほど強くなりますが、家庭用のキャビテーションの出力周波数の平均は300KHz、業務用キャビテーションは30KHz程度であり、10倍もの違いがあるのです。

出力周波数が少ないキャビテーションでは、効果を感じるまでに時間がかかってしまうでしょう。

暴飲暴食

キャビテーションで脂肪へアプローチした身体は、食べ物の栄養を吸収しやすい状態になっています。

そのため暴飲暴食をしてしまうと、普段よりも脂肪に変わりやすく、キャビテーションの効果を台無しにしてしまうのです。

不規則な生活習慣

不規則な生活を送っていると血液循環が滞り、代謝が下がりやすくなってしまいます。キャビテーションの効果より高めるためには、代謝の促進も重要なので生活習慣を整えて痩せやすい身体を作りましょう。

キャビテーションと他施術の違いについて

キャビテーションと他施術の違いについて.jpg

ダイエット効果の期待できる施術はいくつもあるため、キャビテーションと他の施術の違いが分かりにくいと考えている方もいるようです。

ここでは、キャビテーションと他の施術の違いを説明しましょう。

ハイパーナイフ(ラジオ波)との違い

ハイパーナイフとは、ラジオ波というエステ機能のマシン名となります。高周波を使用し、温めることで脂肪へアプローチすることが可能です。

冷えて固まった脂肪を揉み解す効果が期待でき、代謝促進効果も望めます。

ラジオ波が脂肪を温めてケアするものであるのに対し、キャビテーションは超音波によって脂肪をケアする方法なので、それぞれアプローチ方法が異なります。

HIFU(ハイフ)との違い

HIFU(ハイフ)は高密度焦点式超音波療法と言って、皮膚表面を傷付けずに脂肪へアプローチすることが可能です。

キャビテーションは広い範囲にアプローチできるのに対し、一点に集中してケアをするため、アプローチ範囲が狭い範囲となるため、こちらもまたアプローチ方法が異なります。

まとめ

キャビテーションについての基本的な知識やメリットの他、キャビテーションの効果を高める方法などを紹介いたしました。

キャビテーションを正しい方法活用すれば、効果的なダイエット効果が期待できます。

運動・食事制限と併用して、より早くダイエットを成功させましょう。


じぶんdeエステは、業務用マシンを使用し”自分でケア”をする定額制セルフエステジムです。

高級マシンは、セルライトケア、冷えや、むくみ、長く蓄積した脂肪など、あなたの悩みを改善することができます。

セルライトをケアする超音波、筋肉に運動効果を与えるEMS、肌表面と内部を温めて代謝を高めるRFなど様々な機能を搭載しており、自分の気になる部位に当てることで理想の身体へと近づくことができます。

サロンは全店舗が駅近・駅直結で通いやすく、プロが採用している業務用マシンを定額で何度でも利用することができます。さらに、高額な業務用マシンを安価な価格帯でレンタル・購入することもでき、ご自宅でいつでも利用することができます。


【じぶんdeエステ 3つのポイント!】

・全国全店舗を定額で通い放題!予約不要!

・マシンレンタルでご自宅でセルフエステができる!

・高級エステマシンの購入で安価に好きなだけご自宅利用できる!


ぜひ下記より「①通える」「②借りられる」「③買える」をチェックしてみましょう。



じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    7,980 円/月〜

    (税込8,778~)

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    19,800 円/月〜

    (税込21,780円~)

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,900 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。

この記事をシェアする

新着記事

関連記事

おすすめ記事

お客様の声

じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    7,980 円/月〜

    (税込8,778~)

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    19,800 円/月〜

    (税込21,780円~)

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,900 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。