初回来店時、またはWEB入会により30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいた場合はご入会日の翌日から31日目以降の月額会費の請求はございません。
ご退会、0円会員申請を行う場合、身分証を持参して店舗にご来店のうえ、別途当社が指定する退会手続きを行うものとします。
月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/2~31までが無料期間となり、3/31までにご退会、0円会員申請を行っていただいた場合は月額会費の請求はございません。4/1より月額料金が発生いたします。
料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員、1,100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員、1,100円会員のお手続きが完了となります。

※無料期間のみのご利用でもマシン配送時の
往復送料はお客様負担となります。

レンタル30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。ご入会時は発送時の送料のご請求させていただきます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会をご希望の場合は、期日までにマシンの返却を行っていただきます。WEBマイページより解約申請後、 無料期間終了後から5日以内(ご入会日の翌日から35日目まで)にマシンのご到着の確認が取れた場合は返却時の送料のご請求させていただき、月額会費の請求はございません。ご退会に関しては、お客様がマシンをご返却いただいたお日にちではなく、弊社にマシンが到着したお日にちを基準にご退会日が確定となります。ご退会ご希望の場合、WEBマイページより申請が可能となっております。

月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/1に発送時の送料のお支払いいただきます。3/2~31までが無料期間となります。 4/5までにマシンを返却し、弊社にて確認が取れた場合は月額会費の請求はございませんが、返却時の送料のお支払いいただきます。 4/5中にマシンの返却確認が取れなかった場合は、4/1以降の月額料金が発生いたします。

料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員、1,100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員、1,100円会員のお手続きが完了となります。

送料は片道5,500円(税込)となります。(CELL ZERO.とCELL ZERO.PROは片道11,000円(税込)となります。)無料期間のみのご利用でもマシン配送時の往復送料はお客様負担となります。

キャビテーションはリバウンドしない?仕組み・効果・メリットやデメリットを徹底解説

2021-11-04

この記事をシェアする

「キャビテーションにはどんなダイエット効果があるの?」

「キャビテーションはリバウンドしないって聞いたけど本当?」

“切らない脂肪吸引”とも呼ばれ、痩身エステの中でも特に高い人気を誇るマシンがキャビテーションです。

キャビテーションでは、超音波の振動で脂肪層に気泡を発生させ、その気泡が破裂する力で脂肪は分解するため、脂肪細胞そのものを減らすことができ、リバウンドもしづらいと言われています。

しかし、本当にリバウンドしないのか不安や疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、キャビテーションの仕組みと効果、メリット・デメリットとキャビテーションでリバウンドさせないための方法を徹底的にご紹介します!

キャビテーションの仕組み

キャビテーションの仕組み.jpg

痩身エステの代表的なマシンとも言えるキャビテーションは、ダイエットや美容に興味のある方なら、一度は耳にしたことがあるでしょう。

とはいえ、キャビテーションの仕組みや効果について良く理解できていない方も多いと思うので、まずはキャビテーションの仕組みから学んでいきましょう。

超音波マイクロ振動で脂肪細胞を分解する

本来、キャビテーションは”空洞現象”という意味を持っており、圧力の差によって液体の中に気泡が発生する現象のことを言います。

この現象を活用して、マシンの超音波のマイクロ振動で脂肪層に気泡を発生させ、その気泡が破裂する力で脂肪にアプローチするのがキャビテーションのおおまかな仕組みとなっています。

そして、破壊された脂肪細胞はリンパを通り、血液へと流れ、肝臓で分解された後に尿や汗として体外へと排出されます。

リンパ液や老廃物と一緒に脂肪細胞が流れることで、脂肪細胞そのものの数を減らすことができるため、サイズダウン効果が得られるのです。

まさに”切らない脂肪吸引”と言えます。

キャビテーションのメリット・デメリット

キャビテーションのメリット・デメリット.jpg

そんなキャビテーションですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。

続いて、キャビテーションのメリットとデメリットを見ていきましょう。

キャビテーションのメリットは4つ

キャビテーションのメリットは主に

・リバウンドしづらい

・身体への負担が少ない

・むくみに効果的

・即効性が高く効果を実感しやすい

の4つが挙げられます。

以下でさらに詳しく見ていきましょう。


1.リバウンドしにくい

キャビテーションの一番のメリットはリバウンドしにくいことです。

キャビテーションの仕組みでも解説したように、脂肪細胞そのものにアプローチして数を減少させることができるため、リバウンドがほとんどありません。

一度分解された脂肪細胞が再生することもないため、リバウンド経験者の方にもおすすめの施術法と言えます。

ただし、キャビテーションのみでサイズダウンすることはできないので注意が必要です。キャビテーションはあくまでも、脂肪細胞を分解し溶かすのが目的のマシンです。

そのため、溶け出した脂肪細胞を外に排出する力までは備わっていません。

溶かした脂肪細胞を体外へと排出して初めてサイズダウン効果が得られるため、マッサージなどを併用してリンパの流れを促してあげましょう。


2.身体を傷つけずに施術ができる

また、キャビテーションは身体への負担が少ない点も大きなメリットです。

キャビテーションのように脂肪に直接働きかける施術法は他にも、脂肪吸引や脂肪溶解注射などがありますが、これらは身体にメスを入れたり、針を刺したりしなければいけません。

一方でキャビテーションは超音波の振動を肌に当てるだけなので、身体を傷つける心配がなく、他の施術法と比べて副作用などが比較的少ないところが利点です。


3.むくみ解消

キャビテーションはむくみのケアにも高い効果を発揮してくれます。

というのも、キャビテーションのマイクロ振動により血管やリンパ管に刺激を与えて流れを良くしてくれるためです。

さらに血管やリンパ管を圧迫している脂肪細胞そのものを溶かすことができるため、詰まりが改善され、血流が促進されます。

血液やリンパ液の流れが良くなると、余分な水分や身体に溜まった不要な老廃物もスムーズに体外へと排出されるので、むくみが解消されるのです。


4.効果を実感しやすい

キャビテーションは即効性が高いことでも人気のエステマシンです。

脂肪細胞そのものにアプローチできる上に、血流改善効果も得られるため、むくみが取れ施術直後から「スッキリした」と感じる方も多いでしょう。

効果が目に見えやすい分、ダイエットのモチベーションも高めてくれます。とはいえ、1回の施術で体質を変えることはできないため、ある程度継続して施術を受ける必要があります。

一般的にキャビテーションの施術回数は全部で5回ほどとされており、脂肪細胞を減らし太りにくい体質へと変えていくためには数ヶ月はかかります。

もちろん、1回目から効果を実感できる方も多いようですが、マッサージや食事管理などと併用しながら焦らず続けていきましょう。

キャビテーションのデメリットは3つ

一方でキャビテーションのデメリットは、主に

・骨伝導音が伝わる

・内臓に負担がかかる

・肌がたるみやすい

の3つが挙げられます。

デメリットについても以下で詳しく見ていきましょう。


1.施術中に骨伝導音が聞こえる

キャビテーションのデメリットは施術中に骨伝導音が聞こえることです。

施術部位によっても異なりますが、特に骨が近い部位などは超音波振動が骨に当たり金属音のような音が響く場合があります。

施術後も金属音が耳に残るという方も多く、音に敏感な方や金属音が苦手な方は苦痛に感じるかもしれません。

サロンで施術を受ける場合は、施術者に相談してから受けるようにしましょう。


2.内臓へ負担がかかる

キャビテーションは身体を傷つけない点がメリットですが、内臓には少なからず負担を与えてしまいます。

というのも、キャビテーションで溶かした脂肪細胞は、一度肝臓に集められてから分解、排出されます。

そのため肝臓への負担がかかりやすいので、肝機能に問題がある方や、肝臓の疾患がある方は控えたほうが良いでしょう。

また、キャビテーションの施術に適していない方もいます。特に妊娠中や心疾患をお持ちの方などは注意が必要です。

中でもキャビテーションに向いていない方は以下の通りとなっています。

・妊娠中の方

・子宮筋腫や子宮内膜症の疑いがある方

・心疾患をお持ちの方

・飲酒直後の方

これらに当てはまる方は、医師と相談の上で取り入れるようにしましょう。


3.肌のたるみ

キャビテーションによって急激に脂肪細胞が減ることで、皮膚表面がたるむ可能性もあります。

キャビテーションに限ったことではありませんが、ダイエットで急激に体重が落ちたり、脂肪が減ったりすると、皮膚の収縮が追い付かず、脂肪と皮膚との間に空洞ができてしまいます。

これにより皮膚がたるんでしまうのです。そのため、引き締め効果のあるマシンなどと併用して受けるようにしましょう。

キャビテーションはリバウンドする?

リバウンドしにくいことでも有名なキャビテーションですが、ネット上では「リバウンドした」という人もいれば「リバウンドしない」という人も居て様々です。

実際のところ、キャビテーションの施術自体はリバウンドしづらい方法だと言われています。

リバウンドしづらく効果も高い

前述したように、キャビテーションは脂肪細胞に直接働きかけ、脂肪細胞そのものの数を減らすことができるため、リバウンドのリスクはかなり低くなっています。

続いて、キャビテーションがリバウンドしにくいと言われている理由を見ていきましょう。

キャビテーションはなぜリバウンドしにくい?

キャビテーションがリバウンドしにくいと言われてる理由には以下の2つがあります。

・脂肪細胞そのものを減らすことができるため

・老廃物を排出してくれるため

これら2つの作用によって、リバウンドを防いでくれるのです。

脂肪細胞が少なくなるため

まず、キャビテーションでは脂肪細胞そのものの数を減らすため、有酸素運動や筋トレといった運動をしなくても、サイズダウン効果を得ることができます。

さらに、一度分解された脂肪細胞が再生することはないので、リバウンドのリスクが低いのです。

また、超音波は当てた部分の脂肪だけに作用するので、一般的なダイエットでは難しい部分痩せも期待できる点が魅力と言えるでしょう。

老廃物を排出してくれる

キャビテーションの施術を受けることで、血液やリンパ液の流れが良くなるので、老廃物もスムーズに排出されます。

ちなみに脂肪細胞は大きくなると、細胞の周りの毛細血管を圧迫するため血流を悪化させます。血流が悪くなると老廃物が蓄積し、その老廃物が脂肪細胞の中に溜まって膨張するのでセルライトへと変貌します。

セルライトになってしまうと、なかなか解消しづらく、そのまま放置すると皮膚表面が凸凹になって固まってしまいます。

そこでキャビテーションの出番です。脂肪を破壊しつつ、周りの老廃物と一緒に排出しやすくしてくれるので、セルライトになる前に脂肪の蓄積を防いでくれます。

このように、脂肪細胞そのものを減らすことができる・老廃物の排出を促してセルライトの解消や予防できるため、リバウンドしにくいのです。

キャビテーションでリバウンドした人の特徴

キャビテーションでリバウンドした人の特徴.jpg

そんなキャビテーションですが、中には「リバウンドしてしまった」という方も多数います。

施術法自体はリバウンドしにくい方法なのに、なぜリバウンドしてしまうのでしょうか。実はキャビテーションでリバウンドしてしまう人にはいくつかの特徴があります。

ここでは、キャビテーションでリバウンドした人の共通点を見ていきましょう。

施術後に暴飲暴食をしている

キャビテーションで脂肪細胞が減るとは言え、暴飲暴食やドカ食いをしていたら、効果も半減し、当然リバウンドもしてしまいます。

また、キャビテーションの施術後は実は太りやすいタイミングでもあるのです。

というのもキャビテーションの作用によって体内の脂肪が破壊され減ることで、身体が飢餓状態だと判断するためです。

一時的とはいえ、飢餓状態だと思い込んでいる身体は、普段より栄養を吸収しやすい状態になっているので、このタイミングで暴飲暴食をすると、いつも以上に脂肪や栄養を吸収してしまいます。

その結果リバウンドしてしまったり、かえって太りやすい体質を作ったりしてしまう可能性もあるので注意しましょう。

家庭用キャビテーションを使用している

キャビテーションは、エステサロンで受ける方法と、自宅でマシンを購入してセルフで行う方法の2つがあります。

後者の場合は、家庭用のキャビテーションマシンを使う場合が多いと思いますが、家庭用マシンは安全のため出力が弱く設定されているものが多いため、十分な効果を得られない可能性があります。


家庭用でも業務用レベルの出力なら効果的

ただし、家庭用のキャビテーションマシンでも業務用レベルの出力が搭載されているものであればしっかりと効果を得られるので、業務用レベルのキャビテーションマシンを購入するようにしましょう。

若干価格は高いですが、それだけ高い痩身効果やデトックス効果が期待できます。

ちなみに出力はヘルツ数(hertz)で表記されています。一般的に家庭用だと330kHz以下、業務用だと40kHzなので、この数値を目安に購入しましょう。(キャビテーションの出力は数値が低い数字ほど効果が高くなっています。)

キャビテーションでリバウンドしない方法

キャビテーションでリバウンドしない方法.jpg

最後にキャビテーションでリバウンドしないための、ダイエット時のコツと方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

老廃物の排出を促す

キャビテーションの施術後は、老廃物の排出をさらに促すために、マッサージを取り入れると効果的です。

キャビテーションの効果は、施術後3~4日程度続くとされているので、この期間に重点的にマッサージを行いましょう。

特にリンパを意識してマッサージを行うのがポイントです。マッサージ前は血行を良くするために、ストレッチを行ったり、お風呂でしっかり身体を温めたりしておくと良いです。

施術後の食事は2時間程控える

施術後は急な脂肪減少によって、身体の本能的な反応で飢餓状態だと勘違いしてしまい、栄養やカロリーの吸収率が高くなっています。

そのため、施術後すぐに食事を摂ると、普段よりもより多くのカロリーや栄養を吸収してしまいます。

施術後は最低でも2時間以上空けてから食事を摂るようにしましょう。

アルコールやタバコを控える

キャビテーションを受けた後は、アルコールやタバコを控えるのが基本です。

キャビテーションで溶かした脂肪の分解で、すでに肝臓に負担がかかっている上に、飲酒したりタバコを吸ったりすると、さらに肝臓に負担を与えてしまいます。

肝臓に負担がかかり過ぎると、肝臓の働きが悪くなり、キャビテーションの効果も半減してしまうので、施術後は飲酒やタバコを控えるようにしてください。

EMSなどで引き締めを同時に行う

キャビテーションのデメリットで挙げたように、急に脂肪細胞が減ることで皮膚がたるむ場合があります。

この現象は仕方のないことなので、EMSなど引き締め効果のあるマシンを一緒に使うことで皮膚のたるみを防げます。

サロンで受ける場合は、引き締め効果のある施術とセットで、自宅で行う場合はEMSなども一緒に購入しておくと良いでしょう。

代謝を上げるように心がける

キャビテーションを受けた後は、水分をしっかり摂取して、新陳代謝を高めてあげましょう。

水分が足りていないと、老廃物が体内に溜まってしまい、せっかく溶け出た脂肪もスムーズに排出されなくなってしまいます。

お水をたっぷり飲んで、老廃物や溶け出した脂肪の排出をサポートしてあげてください。

また、キャビテーションの効果をより高めるためにも、基礎代謝を上げるための有酸素運動や筋トレを併用するのがおすすめです。

基礎代謝を上げることで、痩せやすく太りづらい体を作ることができるので、キャビテーションと同時に適度な運動も心掛けておくと良いです。

キャビテーションのおすすめ機器

キャビテーションのおすすめ機器.png

また、今回ご紹介したキャビテーションが安く使えるおすすめサービスが、「じぶんdeエステ」です!

じぶんdeエステには、キャビテーションをはじめとした以下のような様々な業務用マシンが導入されています。

・キャビテーション

・超音波

・EMS

・RF

・ラジオ波

・吸引

・サーマナイフ

など。

また、キャビテーション+RFのキャビラジなど、ダブルの効果でアプローチできるマシンもあり、キャビテーションと組わせて使うことも可能です。

さらに、これらの人気エステマシンが、月々数千円~と少額で利用できるので、予算が少なくても、痩身エステにチャレンジできます。

業務用マシン使い放題のおすすめサービス

もちろん、家庭用のキャビテーションマシンを購入して自宅で使うのも良いですが、「じぶんdeエステ」なら定額制で使いたい放題なのでぜひ利用してみましょう!

月々の料金もわずか3,980円と定額で、好きなだけ通えます。

さらに、マシンのレンタルや購入も格安で可能です。サロンにはジムスペースも用意されているため、トレーニングとエステが同時に出来る点も魅力と言えます。

全店舗駅近・駅直結なので利便性も良く、買い物ついでやお仕事帰りも気軽に立ち寄れます。無料で初回体験も行われているので、ぜひ利用してみてください。

まとめ

今回はキャビテーションの効果とメリットやデメリット、リバウンドしないためのコツや方法をご紹介しました。

キャビテーションは脂肪そのものを減らす効果が期待できるため、ダイエットに高い効果をもたらし、リバウンドリスクも低い点が大きな魅力と言えます。

高価なマシンを購入しなくても、最近ではじぶんdeエステのように月数千円と定額で利用できるサービスが増えてきたので、痩身エステがより身近なものとなってきました。

ぜひ、ご紹介したサロンも参考に、キャビテーションを使って理想のボディを手に入れましょう!


高級マシンは、セルライトケア、冷えや、むくみ、長く蓄積した脂肪など、あなたの悩みを改善することができます。

セルライトをケアする超音波、筋肉に運動効果を与えるEMS、肌表面と内部を温めて代謝を高めるRFなど様々な機能を搭載しており、自分の気になる部位に当てることで理想の身体へと近づくことができます。

サロンは全店舗が駅近・駅直結で通いやすく、プロが採用している業務用マシンを定額で何度でも利用することができます。さらに、高額な業務用マシンを安価な価格帯でレンタル・購入することもでき、ご自宅でいつでも利用することができます。


【じぶんdeエステ 3つのポイント!】

・全国全店舗を定額で通い放題!予約不要!

・マシンレンタルでご自宅でセルフエステができる!

・高級エステマシンの購入で安価に好きなだけご自宅利用できる!


ぜひ下記より「①通える」「②借りられる」「③買える」をチェックしてみましょう。




じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    税込 3,980 円/月〜

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    税込 13,800 円/月〜

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,300 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。

この記事をシェアする

新着記事

関連記事

おすすめ記事

お客様の声

じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    税込 3,980 円/月〜

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    税込 13,800 円/月〜

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,300 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。