初回来店時、またはWEB入会により30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいた場合はご入会日の翌日から31日目以降の月額会費の請求はございません。
ご退会、0円会員申請を行う場合、身分証を持参して店舗にご来店のうえ、別途当社が指定する退会手続きを行うものとします。
月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/2~31までが無料期間となり、3/31までにご退会、0円会員申請を行っていただいた場合は月額会費の請求はございません。4/1より月額料金が発生いたします。
料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員、1,100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員、1,100円会員のお手続きが完了となります。

※無料期間のみのご利用でもマシン配送時の
往復送料はお客様負担となります。

レンタル30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。ご入会時は発送時の送料のご請求させていただきます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会をご希望の場合は、期日までにマシンの返却を行っていただきます。WEBマイページより解約申請後、 無料期間終了後から5日以内(ご入会日の翌日から35日目まで)にマシンのご到着の確認が取れた場合は返却時の送料のご請求させていただき、月額会費の請求はございません。ご退会に関しては、お客様がマシンをご返却いただいたお日にちではなく、弊社にマシンが到着したお日にちを基準にご退会日が確定となります。ご退会ご希望の場合、WEBマイページより申請が可能となっております。

月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/1に発送時の送料のお支払いいただきます。3/2~31までが無料期間となります。 4/5までにマシンを返却し、弊社にて確認が取れた場合は月額会費の請求はございませんが、返却時の送料のお支払いいただきます。 4/5中にマシンの返却確認が取れなかった場合は、4/1以降の月額料金が発生いたします。

料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員、1,100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員、1,100円会員のお手続きが完了となります。

送料は片道5,500円(税込)となります。(CELL ZERO.とCELL ZERO.PROは片道11,000円(税込)となります。)無料期間のみのご利用でもマシン配送時の往復送料はお客様負担となります。

ダイエット後による皮膚のたるみの原因とは?自宅でできる筋トレ方法などを紹介

2021-10-08

この記事をシェアする

ダイエットで短期間に痩せた場合、皮膚の新陳代謝が追いつかずに、たるみとなって残ってしまいます。

実際、「ダイエットに成功したのに、余った皮膚がたるんで思っていたのと違った…」とお悩みの女性は多いでしょう。

せっかく痩せたのに、たるんでブヨブヨのままではダイエットが台無しになってしまいます。そんなダイエット後の皮膚のたるみはなぜ起こるのでしょうか?

また、皮膚のたるみを防いでダイエットする方法や、一度たるんでしまった皮膚を引き締める方法はあるのでしょうか。

今回は、ダイエット後にありがちな皮膚のたるみの原因と、たるみを防ぐ方法、自宅でできる皮膚のたるみを引き締める筋トレ法をご紹介します。

ダイエットによる皮膚のたるみの原因

そもそも、ダイエットで皮膚がたるんでしまうのはなぜでしょうか?まずは、皮膚のたるみが起こる原因を見ていきましょう。

コラーゲンとエラスチンへのダメージによるたるみ

私たち人間の皮膚は2つの層から作られています。皮下組織には、まず脂肪の層があり、そのすぐ下に筋肉組織の層があります。

これらの層は、お互いに圧力をかけ合って保たれているので、通常皮膚には張りがあります。

ところがダイエットによって減量を行うと、皮下組織の脂肪細胞は縮むのですが、皮膚表面の大きさは変わりません。

その結果皮膚だけが伸びて大きくなってしまい、脂肪の層と筋肉の層の間に隙間ができ、皮膚が垂がるようになるのです。

これがダイエット後に皮膚がたるんでしまう大きな原因の一つです。また、皮膚はコラーゲンとエラスチンという2つのたんぱく質で構成されています。

これらの成分が肌の張りを保っているのですが、皮膚が伸びたままの状態が続くことで、コラーゲンとエラスチンがダメージを受け、元に戻る力が失われるため、皮膚のたるみとなって現れるのです。

とはいえ、全ての方がたるむわけではありません。ダイエットをしても皮膚がたるむ人とたるまない人がいますが、なぜ違いが生まれるのでしょうか?

皮膚がたるむ原因は人によって様々なので、以下で違いを見ていきましょう。

ダイエット後、皮膚のたるみに違いはある?4つから違いが出る

ダイエット後、皮膚のたるみに違いはある?4つから違いが出る.jpg

ダイエット後に皮膚がたるんでしまう原因は人それぞれです。年齢や筋肉、遺伝によるものなど様々な要素によって、たるむ人とたるまない人に分かれます。

皮膚のたるみは、主に以下の4つの違いから生まれます。

1.体重の総量

減量した体重の総量によっても、皮膚のたるみ方に違いが出ます。

特に短期間で大幅に体重を落とした方などは、脂肪の落ちるスピードと皮膚の代謝が追い付かず、たるみが生じやすくなります。

また逆に、急に太った後に大幅に痩せた場合など、体重の増減が激しい方も皮膚の伸縮スピードが追い付かないためにたるみが起こりやすくなります。

ダイエットを行う時は、なるべく緩やかに体重を落とした方が皮膚のたるみは起きにくくなるのです。

2.年齢

皮膚のたるみは、ダイエットだけが原因でない可能性もあります。

中でも多いのは年齢によるもので、加齢によって皮膚のコラーゲンやエラスチンが減少している状態で急激なダイエットを行うと、皮膚がたるみやすくなります。

3.筋肉

筋力の低下も皮膚のたるみを引き起こす原因の一つです。特に食事制限のみで、運動を行わずに痩せた場合は、筋肉も一緒に落ちてしまうため、より皮膚のたるみが起きやすくなります。

普段から運動不足気味の方は、筋力も低下しがちなので注意しましょう。

4.遺伝

実は、肌のたるみには遺伝的な要素も絡んでいます。生まれつき肌がたるみやすいという方もいるでしょう。

遺伝的に肌がたるみやすい方は、顔のシワやほうれい線なども出来やすく、生まれながらに持っている肌老化遺伝子や肌質によって左右されやすい傾向もあります。

最近では、遺伝子検査キットを使って、たるみを始めとしたエイジングサインの原因や対策を知ることもできるので気になる方は利用してみるのもおすすめです。

ダイエット後、皮膚のたるみを最小限に防ぐ方法

ダイエット後、皮膚のたるみを最小限に防ぐ方法.jpg

では、ダイエット後の皮膚のたるみを防ぐ方法はあるのでしょうか?

ここからは、ダイエット後の皮膚のたるみを最小限に防ぐ方法をいくつかご紹介します。

肥満体系を続かせない

今肥満体系である方は、すぐにダイエットを始めてまずは肥満体系から脱出しましょう。

肥満で皮膚が伸びた状態が続けば続くほど、コラーゲンやエラスチンがダメージを受け続けることになるため、よりたるみやすくなってしまいます。

「最近太ったな」と感じた方や、標準体重を大幅に超えている方は要注意です。なるべく早くダイエットを始めて、肥満体系を卒業しましょう。

ダイエットは筋トレを行う

ダイエットを行う際は、有酸素運動に加えて筋トレもプラスするのがおすすめです。特に食事制限だけで痩せるやり方は、筋力も低下してしまうため避けるべきです。

食事制限のみで痩せてしまうと、脂肪と一緒に筋肉も落ちるので、皮膚の下にある脂肪組織と筋肉組織との間に隙間が生じやすくなり、たるみも起こりやすくなってしまいます。

また、筋トレを一緒に行うことで皮膚の弾力やハリを保つことができるため、ダイエット後の皮膚のたるみを最小限に抑えられます。

急激な減量は行わない

皮膚をたるませないためにも、急激な減量は避けましょう。早く痩せたい気持ちは分かりますが、痩せても皮膚がたぷたぷのままでは意味がありません。

特に1ヶ月に5~7kgも落とすような、過度なダイエットは皮膚のたるみを引き起こしやすいだけでなく、リバウンドや体調不良を招くリスクもあります。

さらに筋肉も一緒に落ちてしまうため、代謝が低下し、結果的に痩せにくい体質を作ることになってしまいます。


おすすめなダイエットペースは1か月1~2kg!

おすすめな減量ペースは、1ヶ月に1~2kgです。リバウンドしないためには、1ヶ月に現在の体重の5%以内を落とすのが理想とされています。

つまり、体重が50kgの方なら約2.5kg、60kgの方なら約3kgまでが、1ヶ月に減量しても問題のない理想的な体重となります。

このペースなら、半年もあれば10kg近くの減量ができるので、焦らず少しずつ落としていきましょう。

タンパク質やビタミンCを摂取する

食事は、皮膚のたるみを防ぐ「タンパク質」や「ビタミンC」を多く含む食品を摂取するのがおすすめです。

タンパク質はお肉や卵、大豆製品、プロテインなどで直接摂取するのもいいでしょう。

ビタミンCは、ブロッコリーやパプリカ、かぼちゃなどの野菜や、レモンなどの果物などを意識して取り入れるようにすると良いです。

また、食事だけで摂取するのが難しい場合はサプリメントなども活用するのがおすすめです。

皮膚の老化を予防する

また皮膚をたるませないためのスキンケアも徹底して行うことが大切です。

肌の老化を防ぐクリームや、引き締め効果のあるボディクリームやジェルを塗ってマッサージしたりするだけでもたるみ予防に繋がります。

他にも、シラノール誘導体やソメイヨシノ葉エキス、幹細胞エキスなど肌にハリを出す美容成分が配合されている化粧品を使うのもおすすめです。

煙草を控える

喫煙はなるべく避けましょう。タバコは、コラーゲンの生成を阻害したり、肌の代謝を悪くしたりします。

タバコに含まれるニコチンやタールは、肌の老化を促進させると言われているので、たるみだけでなく、くすみやシミ、しわなどのエイジングサインを招きやすくなります。

喫煙者の方は、完全に辞めるのは難しいかもしれませんが、肌のためにも本数を減らすなどの努力を行いましょう。

ダイエット後、皮膚のたるみを引き締める方法

ダイエット後、皮膚のたるみを引き締める方法.jpg

続いて、ダイエット後の皮膚のたるみを引き締める方法をいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

筋トレでローペースなトレーニングを行う

皮膚のたるみを引き締めるためには、有酸素運動に筋トレを少しづつ加えたローペースなトレーニングが最も最適です。

食事制限も過度に行うのではなく、制限するカロリーは基礎代謝の15%以内に留めましょう。

無理のない範囲で、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどの有酸素運動を1日20分~1時間ほど行うのがベストです。

併せて無理のないペースで、筋トレも組み合わせれば最強です。


・太ももやお尻|スクワットがおすすめ

太ももやお尻のたるみが気になる方は、筋トレメニューにスクワットを取り入れましょう。スクワットは下半身全体を引き締めるのに最適な筋トレ法です。

下半身の柔軟性と安定性、足の筋力も適度に付くため、太ももやお尻のたるみを引き締めてくれます。

コツは膝を90度までしっかり曲げることです。いきなりハードに行うと筋肉を傷めてしまう可能性もあるので、回数などは徐々に増やしていきましょう。


・腕や胸|腕立て伏せがおすすめ

二の腕のたるみが気になる方は、腕立て伏せがおすすめです。腕立て伏せは大胸筋という

体の中でも大きな胸の筋肉を鍛えることができるため、代謝アップ効果も得られます。

初心者の方は、10回×3セットを目安にしつつ、慣れてきたら回数を徐々に増やしていきましょう。


・お腹|腹筋がおすすめ

お腹周りのたるみが気になる方は、腹筋がおすすめです。

一般的な腹筋でも良いですが、くびれなども作りたい方は、横に捻りながら上体を起こすツイストクランチなども取り入れると効果的です。

腹筋も、無理のないペースで毎日コツコツ続けましょう。

引き締めクリームでマッサージをする

ダイエット後の皮膚のたるみを引き締めるためには、引き締め効果のあるマッサージクリームなども取り入れていきましょう。

ネット通販やドラッグストアなどでも安価に購入できるため、皮膚のたるみケアには最適です。

クリームやジェルなどを選ぶ時は、皮膚の引き締めに効果的な成分が入っているかもチェックしておきましょう!


引き締めに効果的な成分が入っているかチェック

引き締めに効果的な成分は以下を参考にしてみてください。

・L-カルニチン

・トウガラシエキス

・バニリルブチル

・幹細胞エキス

・天然ローズフルーツエキス

・天然海藻エキス

など。引き締め成分だけでなく、ヒアルロン酸などの保湿成分も含まれたボディクリームを選ぶと、肌のケアも一緒にできるのでおすすめです!

ボディクリームやオイル、ジェルなども上手に活用して、皮膚のたるみをしっかりケアしましょう。

エステと一緒にダイエットを行う

また、ダイエットと一緒にエステも併せて行うとより効果的です。

エステを行うことで、気になる部位や悩んでいる部位のお肉に直接アプローチすることができるため、より理想のボディラインへと近づけることができます。

最近では、セルフ型エステサロンも誕生し、月々数千円~と低予算でエステを利用できるようになりました。


安い値段で使い放題!じぶんdeエステがおすすめ

中でも、月額3,980円と定額で業務用マシンが好きなだけ使える「じぶんdeエステ」がおすすめです。

じぶんdeエステでは、高級エステ店のマシンを使って、気になる部位を自分でケアできるので、皮膚のたるみを引き締めながら、それぞれの悩みに合ったアプローチができます。

また、フィットネスジムスペースも導入されているので、ジムで体を引き締めながらマシンでエステとダブルアプローチができる点も大きな魅力です。

無料で初回体験も受けられるので、ぜひ利用してみてください!

まとめ

皮膚がたるむ原因は様々ですが、主に急激な減量や、過度な食事制限によるダイエットなどで起こることが多いです。

そのため、ダイエットを行う際は、筋トレも取り入れながら月に1~2kgのスローペースな減量を心がけることで、皮膚のたるみを最小限に抑えられます。

また、ボディクリームを使ったり、エステを利用したりして日頃からたるませないためのケアを取り入れることも大切です。

ぜひご紹介した皮膚のたるみを防ぐ方法や、ポイント、ダイエット時の注意点などを意識して、痩せながら引き締まった美しいボディラインも手に入れましょう!


じぶんdeエステは、業務用マシンを使用し”自分でケア”をする定額制セルフエステジムです。

高級マシンは、セルライトケア、冷えや、むくみ、長く蓄積した脂肪など、あなたの悩みを改善することができます。

セルライトをケアする超音波、筋肉に運動効果を与えるEMS、肌表面と内部を温めて代謝を高めるRFなど様々な機能を搭載しており、自分の気になる部位に当てることで理想の身体へと近づくことができます。

サロンは全店舗が駅近・駅直結で通いやすく、プロが採用している業務用マシンを定額で何度でも利用することができます。さらに、高額な業務用マシンを安価な価格帯でレンタル・購入することもでき、ご自宅でいつでも利用することができます。


【じぶんdeエステ 3つのポイント!】

・全国全店舗を定額で通い放題!予約不要!

・マシンレンタルでご自宅でセルフエステができる!

・高級エステマシンの購入で安価に好きなだけご自宅利用できる!


ぜひ下記より「①通える」「②借りられる」「③買える」をチェックしてみましょう。




じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    税込 3,980 円/月〜

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    税込 13,800 円/月〜

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,300 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。

この記事をシェアする

新着記事

関連記事

おすすめ記事

お客様の声

じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    税込 3,980 円/月〜

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    税込 13,800 円/月〜

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,300 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。