初回来店時、またはWEB入会により30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいた場合はご入会日の翌日から31日目以降の月額会費の請求はございません。
ご退会、0円会員申請を行う場合、身分証を持参して店舗にご来店のうえ、別途当社が指定する退会手続きを行うものとします。
月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/2~31までが無料期間となり、3/31までにご退会、0円会員申請を行っていただいた場合は月額会費の請求はございません。4/1より月額料金が発生いたします。
料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員、1,100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員、1,100円会員のお手続きが完了となります。

※無料期間のみのご利用でもマシン配送時の
往復送料はお客様負担となります。

レンタル30日間無料特典を適用した場合、ご入会日の翌日から30日分の月額会費を無料とさせて頂きます。ご入会時は発送時の送料のご請求させていただきます。
無料期間中にご退会、0円会員申請を行っていただいていない場合は継続の意志があるとみなし、ご入会日の翌日から31日目以降は月額会費が発生致します。

無料期間中にご退会をご希望の場合は、期日までにマシンの返却を行っていただきます。WEBマイページより解約申請後、 無料期間終了後から5日以内(ご入会日の翌日から35日目まで)にマシンのご到着の確認が取れた場合は返却時の送料のご請求させていただき、月額会費の請求はございません。ご退会に関しては、お客様がマシンをご返却いただいたお日にちではなく、弊社にマシンが到着したお日にちを基準にご退会日が確定となります。ご退会ご希望の場合、WEBマイページより申請が可能となっております。

月額料金発生日の翌月から6ヶ月間はご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。尚、ご入会月の翌月分の日割り期間は6ヶ月間に含みません。


3/1に入会の場合、3/1に発送時の送料のお支払いいただきます。3/2~31までが無料期間となります。 4/5までにマシンを返却し、弊社にて確認が取れた場合は月額会費の請求はございませんが、返却時の送料のお支払いいただきます。 4/5中にマシンの返却確認が取れなかった場合は、4/1以降の月額料金が発生いたします。

料金発生の翌月から6ヶ月間が経過する10/31までが継続期間中となり、ご退会、0円会員並びに100円会員、1,100円会員へのご変更等は如何なる場合も応じかねます。

万が一、諸事情によりご退会、0円会員申請もしくは100円会員、1,100円会員申請をされる場合は、プランごとに定める違約金をお支払いいただいた上、 所定の手続きを経てご退会、0円会員手続きもしくは100円会員、1,100円会員のお手続きが完了となります。

送料は片道5,500円(税込)となります。(CELL ZERO.とCELL ZERO.PROは片道11,000円(税込)となります。)無料期間のみのご利用でもマシン配送時の往復送料はお客様負担となります。

効率的なボディメイク方法とは?ダイエットとの違いや注意点なども紹介

2021-10-08

この記事をシェアする

ここ数年、ダイエットに励む女性達の中で「ボディメイク」という言葉が、よく飛び交うようになりました。

一見、ボディメイクとダイエットは同じもののように思いがちですが、実は目的やプロセスに違いがあるんです。

美しい体を目指すという点では同じですが、主にボディメイクは体重を減らすことよりも、”理想の体型やボディラインを作る”ことに重きを置いたダイエット法となります。

ボディメイクを行うことで、ただ痩せるだけでなく、健康的で引き締まった美しいボディラインを手に入れることができます。

今回は、そんなボディメイクの様々なメリットや、ボディメイクにおすすめの方法、注意点なども徹底的にご紹介します!

ボディメイクとは

ボディメイクとは.jpg

ボディメイクとダイエットは、同じような意味で使われることも多いですが、実は目的やプロセスに大きな違いがあります。

まずは、ダイエットとどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

健康的で引き締まった身体を目指すこと

そもそも、ボディメイクの目的は”引き締まった身体を目指すこと”です。

ただ、ボディメイクという言葉そのものに学術的な定義がないため、業界ごとに違う意味合いで使われる場合もあります。

とはいえ、一般的には「ボディラインにメリハリを作り、引き締まった体型を目指す」ことを言うため、単に体重を落とす目的のダイエットとは意味が異なります。

ボディメイクとダイエットの違いとは

ボディメイクとダイエットの違いとは.jpg

では、ボディメイクとダイエットの違いをさらに詳しく紐解いていきましょう。

目的やプロセスに違いがある!

一番大きな違いは、メインとなる目的です。ダイエットが体重を落として痩せるのが目的であるのに対して、ボディメイクはボディラインを整えることが目的となります。

ボディメイクでは体重を減らすことよりも、筋トレやエクササイズで体を引き締め、美しい体型を作っていくことが重要とされています。

簡単に言えば、「体重」重視なのがダイエット、「見た目」重視なのがボディメイクと認識しておくと良いでしょう。


ボディメイク|効率よく美ボディにアプローチ可能

そんなボディメイクでは、体重を落とすことよりも、ボディラインを整えることを目的としているため、それぞれの体型の悩みに合ったアプローチができる点が魅力です。

ウエスト周りを引き締めたい、太ももを細くしたいなど、ボディラインを整えながらサイズダウンができるため、理想の体を手に入れやすくなります。

また、主に筋トレなどのトレーニングで引き締めていくため、筋肉も付きやすく基礎代謝のアップが期待できます。

ただ、ダイエットのように食事を減らせば簡単に痩せるというものではなく、ボディメイクの効果を得るためにはある程度の期間が必要になります。

筋肉を付け、体のシルエットを変えていく方法になるので、効果が見えるまでに最低でも2~3ヶ月はかかるでしょう。


ダイエット|体重を減量して痩せる

一方でダイエットは、食事制限や運動で体重を減量して痩せるのが目的のダイエット法となります。

カロリー制限や糖質制限などを行えばある程度簡単に体重が落ちるため、短期間で効果を得やすいというメリットもありますが、元の生活に戻すとリバウンドしてしまうリスクも常に付きまといます。

もちろん、自分に合ったやり方で行えばきちんと痩せられますし、体重を落とすことが目的なので、辛い筋トレなどをしなくても目標が達成できるという点はメリットと言えるでしょう。

とはいえ、ボディメイクと違って通常のダイエットでは、狙った部位の脂肪だけを落とすなど、ボディラインに直接働きかけができないというデメリットもあります。

ボディメイクする3つのメリット

ボディメイクする3つのメリット.jpg

ダイエットだけでは、体重が落ちてもお腹のお肉がたぷたぷのままだったり、「痩せた割には引き締まってないな」と感じることも多いでしょう。

そこで活躍するのがボディメイクです。

ボディメイクでは、ダイエットだけではなかなか達成できなかった、「ボディラインの引き締め」を重点的に行うことができるため、”見た目”をしっかり変えることができます。

他にもボディメイクには、様々なメリットがあるので以下で詳しく見ていきましょう。

姿勢や骨盤の歪みが改善できる

ボディメイクでは、普段使わないような筋肉なども意識して筋トレを行います。そのため、自然と姿勢が正され、骨盤の歪みなども改善できます。

猫背やO脚なども自然と改善できるため、立ち姿も美しくなります。また、骨盤の歪みがなくなることで、下半身太りも解消されやすくなります。

肌荒れ改善などの美容効果も期待できる

ボディメイクによって筋肉をしっかり鍛えることで、全身の代謝や巡りが良くなります。血液やリンパなどの巡りが改善されると、肌のターンオーバーが促進されるので美肌効果もアップします。

ターンオーバーが整うことで、肌荒れの改善や、くすみなどの改善効果も期待できるでしょう。

美しいボディラインと、美肌が同時にゲットできるのもボディメイクの魅力の一つです。

太りにくくなる

ボディメイクで筋肉をしっかり鍛えることで、基礎代謝量が上がるので、普段の生活でもカロリーを消費しやすくなります。

脂肪燃焼の効率がアップするため、同じトレーニングでもより痩せやすい体質を作ることができます。

基礎代謝が上がればリバウンドもしづらくなるので、ダイエットの成功率もグッとアップするでしょう。

このように、ボディメイクには体のラインを整えるだけでなく、美肌効果や姿勢改善効果など多くのメリットがあるのでおすすめです。

ボディメイクの注意点

ボディメイクの注意点.jpg

そんなメリットの多いボディメイクですが、注意すべきポイントもいくつかあるので見ていきましょう。

過度な食事制限

まず、過度な食事制限は行わないのが基本です。ボディメイクに関わらず、通常のダイエットにも言えることですが、極端な食事制限は健康を害する恐れがあるので辞めるべきです。

一時的には痩せますが、不眠症や無月経といった様々なトラブルを招いたり、体調不良を引き起こす大きな原因となってしまいます。

また、過度な食事制限で痩せても、そのほとんどがリバウンドして元の体型に戻ってしまうでしょう。

体は、長期間のエネルギー不足が続くと、飢餓状態となり脂肪を溜め込むように働きかけます。その結果、痩せにくくなり、元の食事に戻した途端に一気にリバウンドしてしまうのです。

適切な食事量を守りながら、ボディメイクで健康的に痩せましょう!

身体を冷やさない

体の冷えも大敵です。体が冷えると、基礎代謝が下がりやすくなってしまい痩せにくくなります。

冷たいものの飲み過ぎや、温度の低い冷房が効いた部屋などに長時間居るなどは避け、体を温める工夫を取り入れましょう。

お風呂ではしっかり肩までお湯に浸かる、体が冷えやすいファッションはなるべく避けるなどの対策がおすすめです。

水分補給をしっかりと行う

また、ボディメイクを行う際は水分補給も忘れずに行いましょう。女性に必要な1日の水分量は2リットルとされているので、目安量を守ってこまめに水分補給を行うのがおすすめです。

体を冷やさないためにも、常温の水を飲むように心がけましょう。

水分が不足すると、便秘がちになったり、体が水分を溜め込もうとしてむくみやすくなってしまいます。

便秘やむくみは、ボディメイクやダイエットを邪魔する大敵なので、普段から水分補給をしっかり行うことも意識しておくことが大切です。

休息や睡眠をしっかりととる

ボディメイクを成功させるためには、休息や睡眠をしっかり取ることも大切です。

特に睡眠不足もダイエットの大敵で、睡眠をしっかり取れていないと肥満に繋がるとも言われています。

痩せやすい体質を手に入れるためにも、最低でも6~7時間以上は睡眠を十分に取りましょう。また体調が悪い時は、トレーニングをお休みしてきちんと休養しましょう。

ボディメイクにおすすめな方法

ボディメイクにおすすめな方法.jpg

続いて、ボディメイクにおすすめトレーニング法や、食事メニューをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

筋トレ

ボディメイクの基本となるのはやはり筋トレです。普段使わないような筋肉を意識しながらしっかりと鍛えることで、引き締まったボディラインを手に入れることができます。

筋トレを行う際は、事前にストレッチで体をほぐしてから行うようにしましょう。ストレッチを行っておくことで、筋トレの効果がさらにアップするだけでなく、ケガの防止にも繋がります。

また、始めから負荷の高い筋トレは避けた方がいいです。最初から頑張り過ぎると、筋肉を痛めてしまったり、ストレスとなって続かなくなったりする可能性もあります。

無理のないメニューで、”続ける”ことを意識してゆっくりと進めていきましょう。


部分痩せにも効果的!

ボディメイクはなんといっても部分痩せに効果抜群です。

以下で、部位別のおすすめ筋トレ法を記載しているので実践してみてください。


■ウエスト

お腹周りのお肉を引き締めるには、ツイストクランチがおすすめです。やり方もとっても簡単で自宅で手軽にできるので取り入れてみましょう。

やり方としては、まず仰向けの状態で股関節と膝を90度に曲げて足を浮かせ、両手を頭の後ろで組みます。

続いて、息を吐きながら、上体を捻るように肩甲骨を床から離していき、右の肘を左足の太ももの外側にタッチします。ゆっくりと息を吸いながら体勢を戻していきましょう。

ぽっこりお腹を引き締め、美しいくびれを作ってくれます。


■太もも

太もものお肉が気になる方は、スクワットが最適です。スクワットもとても簡単で、場所も取らない上にマシンも必要ないので、いつでも手軽にできるトレーニングです。

中でも、つま先を外側に向けて、がに股の状態で行う「ワイドスクワット」は、内もものたるみを引き締めてくれるのでおすすめです。


■二の腕

二の腕を引き締めたい方は、プレスダウンを取り入れましょう。ただし、プレスダウンはジムにあるようなマシンがないとできないため、以下のトレーニングで代用するのもおすすめです。

・上腕三頭筋を鍛えるトレーニング

1.ダンベルもしくは、水を入れた500mlのペットボトルを左右の手に持ち、足を腰幅に開いて立つ

2.膝を軽く曲げ、股関節から少し前に体を倒す

3.お腹に力を入れて、両腕を前にスイングさせる

4.肘を伸ばしたまま肩甲骨を寄せて、両腕を後ろに引く

5.肘を曲げて再び腕を伸ばす


この動作を、1セット15回を目安に2~3セット繰り返しましょう。

二の腕のたるみを引き締めてくれます。

これらのトレーニング法を参考に、実践してみてください。

有酸素運動

筋トレと一緒に、有酸素運動も取り入れることでボディメイクの効果をより高めてくれます。

ウォーキングやジョギング、サイクリングなどの有酸素運動を、筋トレをした後に20分~1時間程度行うと効果的です。

無理のないペースで有酸素運動も組み合わせていきましょう。

食事管理

ボディメイクの効果を上げて、より美しいボディラインを手に入れるためには、食事管理も欠かせません。

当然ながら、どれだけボディメイクに励んでも、好き放題食べていては体はいつまで経っても変わりません。

摂取カロリーと消費カロリーのバランスをコントロールしつつ、栄養面にも配慮した食生活を心がけましょう。


タンパク質を摂取して筋肉を育てる

特にタンパク質をしっかり摂取するのがおすすめです。タンパク質は筋肉を作る重要な成分の一つです。

お肉や大豆製品、チーズや豆腐、卵などタンパク質を多く含む食品を意識して取り入れるようにしましょう。

また、プロテインなどで補うのも効率的です。また、食事はできるだけ1日3食しっかり食べることが大切です。

野菜や炭水化物、脂質なども適度に取り入れながら、栄養バランスの整った食生活を意識してください。


オススメの関連記事

タンパク質ダイエットの注意点や方法は?摂取するメリットや目安量を紹介

日本人が不足していると言われているタンパク質。身体を健康的にキレイにするために今回はタンパク質ダイエットの方法や注意点、摂取する目安量についてまとめています

エステを利用する

ボディメイクと併せて取り入れたいのが、エステです。金銭的に余裕があればエステサロンなどに通うのも良いですが、自身でセルフマッサージを行ったり、マシンを購入して自宅で行う方法もあります。


エステを行うことで、気になる部位や悩んでいる部位のお肉に直接アプローチすることができるため、より理想のボディラインへと近づけることができます。


最近ではセルフエステ用のマシンが通販などで手頃な価格で購入できますし、定額制で業務用マシンを使えるセルフ型エステサロンも誕生し、エステがより身近なものとなりました。


使い放題な「じぶんdeエステ」がおすすめ

中でも、月額3,980円と定額で業務用マシンが好きなだけ使える「じぶんdeエステ」がおすすめです。

じぶんdeエステでは、高級エステ店のマシンを使って、気になる部位を自分でケアできるので、それぞれの悩みに合ったアプローチができます。

また、フィットネスジムスペースも導入されているので、ジムでボディメイクをしながらマシンでケアとダブルアプローチができる点も大きな魅力です

無料で初回体験も受けられるので、ぜひ利用してみてください!

まとめ

狙ったところしっかりと鍛えながら、理想のボディラインを作れるのがボディメイクの大きな魅力です。

「ダイエットを頑張っているけど、なかなか痩せない」「目に見える効果を実感できない」という方は、ボディメイクを取り入れてみてはいかがでしょうか。

有酸素運動や食事管理、セルフエステなども組み合わせて行うことで、ただ痩せるだけでなく、美しく引き締まったスタイルを手に入れることができます。

ご紹介したトレーニング法や、ボディメイクの注意点やコツも抑えて、楽しく理想の体を作りましょう!


じぶんdeエステは、業務用マシンを使用し”自分でケア”をする定額制セルフエステジムです。

高級マシンは、セルライトケア、冷えや、むくみ、長く蓄積した脂肪など、あなたの悩みを改善することができます。

セルライトをケアする超音波、筋肉に運動効果を与えるEMS、肌表面と内部を温めて代謝を高めるRFなど様々な機能を搭載しており、自分の気になる部位に当てることで理想の身体へと近づくことができます。

サロンは全店舗が駅近・駅直結で通いやすく、プロが採用している業務用マシンを定額で何度でも利用することができます。さらに、高額な業務用マシンを安価な価格帯でレンタル・購入することもでき、ご自宅でいつでも利用することができます。


【高級エステが定額で通い放題!】

私たちは、プロが利用している業務用マシンを自分でエステすることにより、安価でかつ定額制でのサービス提供を実現しています。

現在、全国全店舗が駅近で通いやすく、予約不要で利用できるので、すきま時間にエステをすることができます。さらに、プライバシー保護として完全個室なので安心です。

ぜひ下記より「①通える」をチェックしてみましょう。



じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    税込 3,980 円/月〜

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    税込 13,800 円/月〜

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,300 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。

この記事をシェアする

新着記事

関連記事

おすすめ記事

お客様の声

じぶんdeエステなら

じぶん de 選べる セルフエステ

ライフスタイルに合わせて選ぶ

  • セルフエステに

    通える

    税込 3,980 円/月〜

    全店舗駅近のじぶんdeエステ店舗に定額で通い放題!

  • 業務用
    エステマシンを

    借りれる

    税込 13,800 円/月〜

    ご自宅にエステマシンをレンタルしてご利用いただけます。

  • 業務用
    エステマシンを

    買える

    税込 3,300 円/月〜

    ※ ローン分割払いの場合

    高級エステマシンをご自宅に!
    ご自宅で好きなだけエステマシンをご利用いただけます。